コンヤ

11〜13世紀に小アジアを支配したセルジューク・トルコ。コンヤはその首都として、イスラム世界の政治、文化、芸術の中心地でした。街のあちらこちらに当時の
建物が残っているらしいが時間がなく駆け足の見学となり、カタライ神学校と
メヴラーナ霊廟だけの観光。現在は両方ともに博物館になっている。メヴラーナ霊廟
セルジューク・トルコの
神秘主義者メヴラーナ・ジェラレディン・ルミによって提唱された宗教運動で、一心不乱な旋舞により神との一体感を得るという、あまりにも
異色なものだったらしい。

  

カタライ神学校の門       昔は神学校の建物でしたが、現在内部は陶器博物館になっています

  

メヴラーナ霊廟 メヴラーナ教団の総本山で当時の風俗関係の博物館になっている

  

メヴラーナ博物館の内部

  

メヴラーナ博物館のドームの天井                         当時の風俗をした人形       

TOPページへ