報恩寺

明の時代、1440年〜60年頃に紫禁城を模した城を、創立者の”王”氏が紫禁城を手がけた大工を雇い造らせました。当時は皇帝を
模倣することは許されませんでしたので、寺と偽って現在に至り、随所に中央政府の目を欺く工夫がしてあります。楠造りの宮殿が
今も残り、四川省重点文化物保護単位に指定されている。
門内には四体の仁王像、本殿には菩薩像と王氏父子の像、裏には極彩色の
浮き彫りのレリーフ、横には千手観音像があります。



境内に観光案内図



紫禁城に似せた参道と山門

 

山門の左右に獅子像                        山門をくぐると鐘楼    

 

山門を入ると大きな四天王像があった。中国の四天王像は日本と違い怖い顔をしていない

   

見事な千手観音の像

   

道教の影響も受けていて、装飾過多の寺

   

菩薩像と王氏父子の像                                    


TOPページへ