モレノ氷河(氷河国立公園)

5Km、高さ60〜70m、1年間に700m動く「足の速い」大氷河。つまり一日平均2m動き、崩壊が見られその轟音が聞けるということで有名な氷河。遙か上流から犇めき合いせり上がって崩れ落ちる、そんな氷河の悲鳴にも似た崩落の音はその場で体感しなければとてもわかりません。ペリト・モレノ氷河はパタゴニアの代表的な観光ポイントで、パタゴニアには大小二つの氷床があり、大きい方は長野県と、小さい方でも山梨県と同じくらいの広さがあリますがモレノ氷河は大きい方の南部氷床からこぼれ落ちた氷の一部です。カラファテの町から西へ80Km車で3時間ほどでした。



氷河の正面の山の中腹に展望台があり一望に見渡せる

 

ペリト・モレノ氷河遠景



ペリト・モレノ氷河近景



氷河の展望台からの眺め

 

崩落の瞬間                            崩落の跡  



次の崩落

 

観光クルーズの船上から

 

  


TOPページへ