南米3カ国旅行記




◎12月2日 12:20福岡空港集合、13:20発 全日空 254便
         にて羽田空港へ、リムジンにて成田へ 19:00
         発ヴァリグブラジル航空 837 便でロスアンジ
         ェルス経由サンパウロへフライト サンパウロ
         到着12月3日の深夜2:00。ロスアンジェルス
          空港の待ち時間と時差を含めなんと19時間

◎12月3日 ホテルにて3時間の仮眠後、サンパウロ市内
         観光。モルンビー墓地でアイルトン・セナの墓
         を観光、ブタンタン研究所に寄る予定が時間
         がなくイビラブエラ公園、東洋人街を観光した
        後、空路2時間でマナウスへ。正直なところ
          強行軍で疲労困憊。                    
◎12月4日 アマゾン川クルーズ。ネグロ川とソリモンス川の
         合流地点の奇観を満喫。乾季なので水位が低
         く上陸して水没林のジャングルを散策、カヌー
         に乗り換えて水上のレストランで昼食、ピラニ
        ア釣りも体験しました。帰りの遊覧船上で釣
          ったピラニアのフライを試食。マナウス泊まり。

◎12月5日 マナウス市内観光。アマゾナス劇場,自然科学博物館、中央市場等を観光 夕刻;空路、リオ・デ・ジャネイロへ。  
リオ・デ・ジャネイロ泊まり。                                          

◎12月6日 リオ・デ・ジャネイロ市内観光。登山電車でコルコバードの丘に登りましたが雨で霞んでいました。世界最大の
         マラカナ・スタジアム、ポン・デ・アスーカルを眺め、昼食はブラジル名物のシュラスコ料理。イパネマ海岸、  
      コパカバーナ海岸のホテルへ。中華料理の夕食後、サンバショーで楽しみました。リオ・デ・ジャネイロ泊まり。

◎12月7日 午前;空路、サンパウロ経由イグアスの瀧観光の基地ブラジル側の町フォス・ド・イグアスへ。最初にヘリコプター 
で空からの観光、午後ブラジル側からイグアスの瀧の観光。イグアス フォールズ泊まり。       

◎12月8日 朝、国境を超えアルジェンチン側の町、プエルト・イグアスへ移動。最初にビジターセンターからサン・マルティン  
        の瀧と下流方面を縫うようにして掛けられている遊歩道から観光。午後、別のセンターから船で洪水で崩壊後   
        残った遊歩道に渡り「悪魔の喉笛」を上から観光した後空路、ブエノスアイレスへ。タンゲリ−アでディナーショーを
楽しみながらの夕食、ブエノスアイレス泊まり。                               

◎12月9日 ブエノスアイレス市内観光。コロン劇場、国会議事堂、ボカ地区のタンゴの故郷「カミニート」、ラプラタ河畔、    
   フロリダ通り、レコレッタ墓地のエビータの墓等を観光。夜;空路、ペルーのリマへ。 深夜着、リマ泊まり。

◎12月10日 リマでは人質事件の日本大使館跡を観て空港へ、空路インカ時代の都、クスコへフライト着後、高地に慣れる  
         ためホテルで小休息の後、クスコ観光。街の中心部のアルマス広場、サクサイワマン遺跡を観光。
クスコ泊まり。

◎12月11日 クスコ サン・ペドロ駅からマチュピチュ遺跡の麓アグアス・カリエンテス駅まで軽便鉄道の高原列車で。     
         標高3,350mの始発駅からスイッチバックで山を登り、ウルバンバ川に沿ってひたすら下り標高約1900mの 
         終着駅へ、標高2280mにあるマチュピチュまで400mの標高差を繋ぐ葛折の坂道をバスで登り、マチュピチュ
         遺跡を観光、時間がなくワイナピチュ間では登れなかった。高原列車で引き返しクスコは夜になったが途中の  
      ポロイ駅の付近からクスコの夜景を楽しめました。到着後、民俗音楽のフォルクローレを聴きながら夕食。
    クスコ泊まり。                                                    

◎12月12日 クスコからアンデスの高峰を見ながらリマ空港へ、リマ空港で直接小型機に乗り換えて砂漠の中のイカの空港
          へ、オアシスのイカの空港はナスカの地上絵観光専用の空港、そこでセスナ乗り換え、アクロバット飛行で地上
          絵の観光、乗客の中には酔って観光もそこそこの人もいましたが私は堪能しました。イカの砂漠を見物後、  
   イカの空港からリマ空港まで小型機で引き返しリマ空港にて深夜出国手続。             

◎12月13日 リマ空港、深夜1:50発 ランチリ航空600便にてロスアンジェルス空港へ。                     
     ロスアンジェルス9:20発 ヴァリグブラジル航空838便で名古屋空港へ。             

◎12月14日 14:30名古屋着、名古屋発17:15⇒福岡18:40着。乗り換えの手違いでスーツケースの積遅れで2日遅れ 
         て自宅に着きました。リマから名古屋までロスアンジェルス空港の待ち時間と時差を含めなんと26時間あまり
南米は遠い。                                                

TOPページへ