リオ・デ・ジャネイロ



コルコバードの丘の中腹からのフラミンゴ海岸とシュガーローフ山の風景

  

コパカバーナ海岸のミラマー・パレスホテル                             フラミンゴ海岸とシュガーローフ山      

  

イパネマ海岸

      

                            コルコバードの丘のケーブルカー                       途中の果物  



コルコバードの丘(標高710m)の頂上に立つキリスト像   1931年につくられリオ・デ・ジャネイロのシンボルにもなっています
高さが30m、両手の幅は28mで、全体にミナス・ジェライス州産のろう石が貼ってある  雨で霞んでいました

    

シュラスコ料理                               近代建築のキリスト教会                



マラカナ・スタジアム 1950年に第4回ワールドカップがリオ・デ・ジャネイロで開催の時のサッカースタジアム。
当時は収容人数が20万人と、世界最大のスタジアムでしたが、全て椅子席にしたので現在は10万人収容

  

ペレの足型

    

  

サンバショー

TOPページへ