ナスカ

ナスカ平原のパンパに描かれた地上絵の線と図形、1936年ロングアイランド大学歴史学のポール・コソック教授が、この不思議なラインが砂漠表面に描かれた
巨大な図柄であることを発見。作成年代は2000年ほど前、紀元100年頃から数百年間栄えたナスカ文明時代,、1952年に地上絵に残されていた木片を放射性
炭素方法で年代を割り出した。下の写真のほか、ペリカン、フラミンゴ、トカゲ、サメ等を見たがセスナ機でのアクロバットまがいの遊覧飛行なのでうまく
シャッターチャンスをとらえられなかった

  

クスコからアンデスの高峰を見ながらリマへ                          リマから小型機に乗り換えてイカの砂漠へ  

  

オアシスのイカの空港でセスナに乗り換え                         イカの砂漠の砂丘文様を眺めながらナスカ平原に

  

パン・アメリカン・ハイウエイに沿って南下                             複雑な絵模様が見えてきました



ハチドリ  ナスカ土器の絵柄と類似している

  

宇宙飛行士                                   猿     

  

    山犬                                   蜘蛛



フラミンゴ

  

          木                                            手 

  

コンドル                                 

  

円文様なども                           自分の機影を映しながらアクロバット飛行

  

イカの砂丘                                   イカのオアシス

TOPページへ