マナウス

世界最大の流域面積を持つアマゾン河の入り口から1713キロメートル上流のマナウス アマゾニア州の州都天然ゴムの産地
として急激に発展しました。黄金期にはパリを模してオペラハウスや市場が材料を現地から取り寄せて作られたほどです

  

乾季なので水位が低い

  

マナウスから16キロ下流のアマゾン河とネグロ河の合流点では、茶色の本流と黒いネグロ河の水が混じらないまま流れる



水が混じらないまま十数キロに渡って続いており、その光景はまさに神秘といえます。

  

乾季なので水位が低く船の乗り降りが不便

    

水没林なので下草が少ない                    子供達とナマケモノ

     

               ニシキヘビ                                 アリゲーター                   ナマケモノ

       

                           ピラニア釣り                      オペラハウスから             バナナ市場          

   

中央市場 新鮮な魚・肉・野菜や豊富な雑貨などが所狭しと並んでアマゾン産の魚やフルーツなどが見られる。     アマゾン産の魚が並ぶ            

  

博物館を訪問  甲虫の標本

  

マナティーの標本                                 ピラニアの標本

TOPページへ