マチュピチュ


ウルバンバ渓谷の山間、標高2,280mにあるマチュピチュ。老いた峰を意味し山裾からは見えない。建設したのはインカ帝国の第9代皇帝パチャクティだと言われている
冬の離宮で都クスコからインカ道で結ばれている。インカ道はこのほかに7本あり帝国各地に通じているのが確認されている。  “空中都市”とも呼ばれスペイン人から
逃れるためにインカの人々が作った秘密都市だったともいわれているが真実は不明。遺跡の面積は約5平方km、斜面には段々畑が広がり西の市街区は神殿や宮殿、
居住区などに分かれ周囲は城壁で固められている。16世紀半ばインカの人々はこの遺跡を捨てて突然消えてしまう。その後400年以上にわたって人の目に触れる
ことなく1911年アメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムが発見した時には、草に覆われた廃虚となっていた。多くの謎は、未だに解明されていない。

 

マチュピチュ遺跡の衛星写真(グーグルアース)                                  付近の見取り図      



マチュピチュ遺跡付近の衛星写真(グーグルアース)



手前の低い遺跡のある峰が「老いた峰」を意味するマチュピチュ、後方の高い峰が「若い峰」を意味するワイナピチュ



ウルバン川の岸辺のアグアスカリエンテス駅から400mの標高差を繋ぐ葛折の坂道

 

5000〜10000人と見られる人口を支えたアンデネスと呼ばれる段々畑



中央広場
や神殿や宮殿、居住区など
の並ぶ遺跡

 

太陽の門を通して見えるワイナピチュ       ワイナピチュの山頂にも遺跡が見えますが時間の関係で登れなかった   

 

太陽の神殿の下にある岩室、皇帝パチャクティの陵墓ではないか?と言われている



 

遺跡の中でリャマが飼われていました

TOPページへ