宗廟(チョンミョ)


朝鮮王朝歴代の王と王妃の没後に位を贈られた神位(位牌)が安置されている霊廟。儒教の思想に基づいた建物で、控えめな装飾で素朴な印象を与えます。
しかし独特の荘厳な雰囲気で、約500年という歴史がこの場所に集約されている。1995年には、その優れた建築様式と歴史性から、ユネスコ世界文化遺産に登録された。

 

外大門



       宗廟の配置図(園内の立て看板を撮影、名称を記入しました)                           5番の斎宮の建物の一部

  

     正殿の入口の看板                                正殿の入場門                       ここにもカザザギがいました



正殿全体のパノラマ



正殿の神位(位牌)が安置されている部屋は19室(中央の1段高い屋根の部分)あり王名と王妃名と出身氏族の姓

 

正殿の右の屋根の上にホテル(荘厳な雰囲気ですがソウルの街中だと判る)                           7番の典祀庁の建物の一部

TOPページへ

大陵苑 仏国寺 河回村 嶋漂三峰  、春川 南怡島 水原華城南大門南山Nソウルタワー清渓流昌徳宮・秘苑