ポンペイ

ポンペイはナポリの南にあるローマ時代の遺跡。紀元79年、ベスピオ火山の噴火により、街全体が瞬時にして火山灰に埋もれてしまった。そのため、
徐々に風化していった他の遺跡と違って、当時の人々の生々しい暮らしぶりがそのままの状態で封じ込められている.街の主要な部分は発掘が終わり、
一般に公開されている。



街がそのままそっくり残っている



ポンペイの遺跡の広場、遙かにベスビオ火山を望む

 

風化の比較的少ない建物

 

遺跡を見る限りでは街はとても裕福で、活気に満ちた人々の暮らしが偲ばれる。

   

   浴場の入口の売春の壁画                                        浴室内の壁画と装飾

 

浴室

 

                パン屋の釜跡                                         車の轍の跡の残る石畳の街路

  

玄関のモザイクタイル           火山灰の下の空洞に石膏を流し込むことによって逃げ遅れた市民の苦悩の表情までもが再現されることとなった。


TOPページへ