ピサ


ピサはアルノ河口に発展した街。北西端のカンポ・サント(聖なる平原)に、大聖堂(ドゥオモ)が聳えている。斜塔は大聖堂の鐘楼で着工時は垂直であったが、
13世紀に傾いていることが発覚し現在の傾斜角は約5.5度、傾斜の進行は止まっている
高さは地上55m、階段は297段あり、重量は14,453t、1173年の建立

 

洗礼堂 聖堂 礼拝堂 斜塔 が美しく配置されている

 

   洗礼堂                   大聖堂(ドゥオモ)と斜塔    ヨーロッパ最大のロマネスクの教会堂


TOPページへ