エローラ石窟寺院


アジャンタ と並んで中部インドの石窟寺院を代表するのが、エローラである。 34の石窟が岩山に沿って仏教窟とヒンドゥー教窟とジャイナ教窟とが場所を分けあって共存している。開窟されたのはアジャンタの終わり頃の仏教の凋落期にあたる 6世紀から 7世紀にかけてである。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の順序で開窟されたと考えられていたが、ヒンドゥー窟のほうが仏教窟よりも早く開始されたという説もある。最初の開窟から 4世紀後にはエローラの最盛期が過ぎ、幾多の寺院が未完のままに終わった。アジャンタとは違って、エローラは忘れ去られることなく常に巡礼者たちの集う、3宗教の聖地となっている。



       我々が入場したのは黒印の石窟寺院でした。           石窟の入口にインド菩提樹の並木がありました。



其の並木には猿が群れていました。



仏教寺院の第10窟前から第1〜第9窟を見通す



第10窟は ”ドー・タル窟 (2階)と誤って名づけられたが、実際は3階建で外からは2階建に見える。

 

第12窟は ティーン・タル窟 (3階) の名前どおり3階建である。

 

四角い柱とバルコニーが規則正しく並び、内部は列柱ホールでまるでオフィス・ビルのような印象を与える。

 

仏陀の坐像、立像や腰掛けている像がありました。


奇跡のようなカイラサ・ナータ寺院



エローラーの石窟寺院群の中央にそびえる第16窟のインド最大の 「石彫寺院」カイラサ・ナータ寺院である。



頂部に玄武岩の巨大な冠石 をいただき、足元までくまなく彫刻におおわれて、その技術の水準の高さを誇示しています。



8世紀にラーシュトラクータ朝のクリシュナ 1世の命令で、ヒンドゥー神話のシンボル、ヒマラヤのシヴァ神の棲家
カイラス山を地上に再現すべく、石工たちは岩山を彫刻して巨大な聖山としての石彫寺院をつくりあげたのである。



それまでは岩の山腹に穿つた石窟であったが、内外共に完全に彫り出されそっくりそのまま大寺院となったものはなかった。

 

左右に記念柱 (スタンバ) が彫り出されています。

 

多種多様な神々、悪魔、空想上の動物などが所狭しと掘り出されています。

 

北の壁には叙事詩『マハーバーラタ』、南の壁面には叙事詩 『ラーマーヤナ』 が彫刻されていました。


最後に開窟をしたジャイナ教石窟寺院



ジャイナ教徒はヒンドゥ教のカイラサ・ナータ寺院に刺激されて石彫寺院を造営した。第32窟

 

象の彫刻とともに、2階建ての石窟に囲まれている。

 

ジャイナ教の本尊は裸の預言者の立像で、女神の像もリアルなものでした。

 

ジャイナ教徒の彫刻家たちの貢献にもかかわらず未完のままに窟もあったそうです。

 

奥の本堂は奥行きが深く、その柱群は華やかに彫刻されている。


エレファンタ島アジャンタサンチーカジュラホアグラ城タージ・マハルファーテブル・シクリアンベール城ジャイプールデリーアラカルト


TOPページへ