アンベール城


アンベール城はジャイプール郊外、北東11kmに丘の上の城塞。16世紀にこの地を支配したカチワーハ家の王国(アンベール王国)の砦を1592年ムガールのアクバル皇帝の軍司令官ラージプート族のラジャ・マン・スィン王によって大規模な増改築が行われた。以後代々の王の時代に増築されて現状の形に完成を見たのは1727年にジャイプールに遷都する直前だった。岩山の麓から城までは150mほどの急坂になっているためアンベール名物の象のタクシーもありますが数年前事故があり今では4WDのタクシーが主流となってをり我々は4WDに分乗して登りました。城内には天井や壁に無数の小さな鏡のある部屋を始めかつての栄華を物語る部屋が沢山ありました。




これはアンベール城の衛星写真です。










上の衛星写真は池に多少水がありますが、異常気象のため残念ですが大半干上がっていました。



ジャレブチョークという宮殿の前庭 中央が入場門

 

         入場門の前からの眺望                    謁見の間 中庭から階段を登ったところにあり彫刻もすばらしい



ガネーシャ門  ガネーシャ(ヒンドゥーの神)の装飾から。 透かし彫りの窓から涼しい風が抜けるように造られている

  

壁面に鏡をちりばめた幾何学的模様の装飾のある"勝利の間"はイスラム様式。



中庭にはペルシャ式の泉水の庭園

 

最上階のソーハグ・マンディールと云う建物



最上階からは、城の周りの景観を見下ろす、素晴らしい眺望が楽しめました。

 

裏山の川の中の庭園


エレファンタ島アジャンタエローラサンチーカジュラホアグラ城タージ・マハルファーテブル・シクリジャイプールデリーアラカルト


TOPページへ