ベルン

1848年、スイス連邦の首都となった。その歴史の重みは、ユネスコの「世界遺産」にも指定された旧市街の町並に感じられるベルンの町を築いた王様
(ツェーリンゲン家べルヒトルト公爵)が最初の猟でしとめた動物が熊だった王様は最初にしとめた動物を町の名前にしようと決めていた。
それでベルンという名前になった。



バラ公園 旧市街の眺望を楽しむビューポイント



旧市街とスイスで最も高い100mの尖塔の大聖堂

  

時計塔 旧市衛を象徴するべルン最古の建物                      後期ゴシック様式の大聖堂        

TOPページへ