グル・エミル廟(サマルカンド)


 グル・エミルとは王家の墓という意味でチムール一族の霊廟   チムールをはじめ、彼の息子達が眠る墓地

  

64本の助骨状のマジョリカ・モザイクを施された高さ35.5mのドームはサマルカンドの象徴

  

豪華絢爛の内部装飾

  

ティムールと子供達の墓(1番上に聖職者の棺、中の黒いものがチームールのもの)聖職者の棺は破壊を避ける為

  

墓室は二段になってをり、遺体は地下の棺に納められている

  

               地下墓室の入口                 黎明のグル・エミル廟とルハバット廟(建立時から何の飾りも無い禁欲派の廟)ホテルの屋上から

TOPページへ