中欧4カ国(オーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキア)旅行記

年1回は同行との妻との約束で、辺境の地は妻好みではないので中欧をと思っていた。多くの旅行社の旅程はヨーロッパ主要都市乗継ぎが大半でトランジットの時間が無駄に思えた。新聞広告でJTBのウイーン直行便の旅行を知り、横浜の妹に留守番を頼み快諾を得て申し込んだ。

                                          ●9月21日 14時45分福岡空港をオーストリア航空のチャーター便で12時間のフライトオーストリアの首都ウイーンの空港に19時45分到着、そのままホテルへ

●9月22日 9時ホテル出発、郊外のホテルなので15分ほどでシエーンブルーン宮殿に到着、流石世界の名所バラエティーに富んだ観光客のラッシュでした。1時間半ほどの見学の後、市の中心部の市立公園をヨハンシュトラウスなどの音楽家の塑像のモニュメントを鑑賞しながらの散策、街中のレストランにてウインナー・シュニチェルの昼食の後、 美術史博物館で名画を鑑賞、市庁舎、国立歌劇場ホーフブルク宮殿などを外見のみの散策後、免税店でショッピング、ホテルへ一旦帰り、着替えてレストランへ、夕食後シエーンブルーン宮殿の オランジェリー館でミニ・コンサート(ミニ・オーケストラ、ミニ・バレー、ミニ・オペラといったところ)を鑑賞、夕食後の鑑賞でもあり、第一日目、時差のせいもあって10名ほどは居眠り状態でした。日本人が多く、帰りのバスの運転手の手違いで別のグループの乗客を乗せて帰ったため我々のグループは置き去りでそれが判明するまでに30分以上会場の前で待たされ、間違えた別のグループのバスが迎えに来てやっと11時半ごろホテルに帰着

●9月23日 ホテル出発前、ロビーにて不覚にも椅子の左横に置いてあったショルダーバッグを置き引きされデジタルカメラを盗まれ初日の撮影写真を全部失いました。同行の人から数枚の写真を恵送頂きましたが自分の撮影でないので掲載してません。従ってウイーン関係の写真は27日のもののみになりました。8時15分出発、一路ハンガリーの首都ブダペストへ4時間ほどのドライブ、12時ごろ到着、ベスト地区のレストランで昼食後、ブダペスト市内観光、くさり橋を渡りブダ地区の丘の上のマーチャーシュ教会を見学漁夫の砦からドナウ川を挟み広がるブダペストの景観を堪能しました。あとは英雄広場、ゲレルトの丘、聖イシュトバン大聖堂を観光、王宮、市民公園、国会議事堂などを車窓観光、街中のレストランでハンガリー名物のグヤーシュ(スープ)の夕食後ホテルへ

●9月24日 ホテル8時出発ドナウ河に沿って北上し上流へ、30分ほどでドナウが西へ大きく湾曲する
ドナウベント地方のセンテンドレに到着1時間ほどの散策、ヴィシェグラードの山上からドナウ河の湾曲部と山上の砦を遠望、エステルゴムの大聖堂を見学、そこのレストランで昼食、途中同行の御歳の婦人がはぐれ心配しましたが、日本人の別グループと同行、同じレストランにたどり着き事なきを得ました。昼食後1時間半ほどで国境の橋をわたり対岸のスロバキアへ入国、2時間ほどで首都のブラチスラバに到着ブラチスラバ城から新市街を展望見学、後聖マルチン教会や旧市街の観光、夕食後山上のホテルへ

●9月25日 ホテル8時出発、12時半ごろチェコのプラハに到着、バスの駐車規制のため対岸のプラハ城の近くにバスを止め、ブルタバ川を眺めながら国民劇場のそばの橋を渡りレストランで昼食、午後は引き返しプラハ城内の聖ビート教会、黄金の小道、などを1時間ほど散策、その後城山を降りカレル橋を渡り旧市街を観光、夕食は1499年創業のレストランで特製ビール付きを済ませホテルへ

●9月26日 ホテル8時半出発、3時間半ほどで世界遺産の街チェスキー・クルムロフに到着昼食の後、旧市内の広場を中心に40分ほどの自由散策、チェスキー・クルムロフ城内を観光旧市内の城からの景観を楽しみ、午後3時半出発、ウイーンへ到着、ホイリゲ(ワイン酒場)にて新酒のワインを飲みながらの夕食の後ホテルへ

●9月27日 自由行動の日だったがホテルが郊外で中心部までの移動が時間的に問題なのでウイーン
の森の半日観光のオプショナルツアーに参加、ハイリゲンクロイツ修道院、マイヤーリンク礼拝堂等を回り自由行動組みとの出会いのオペラ座前も生憎の雨に会いウイーンの中心部の再撮影を考えていたが折り畳み傘も盗まれていて駄目、遂にウイーンの写真は諦めることになりました。16時45分発予定のチャーター便が1時間遅れで離陸、翌日28日11時過ぎ福岡空港着で旅行終了中欧4カ国の観光で移動時間が多く、それぞれの都市でもう半日の時間が欲しかったと感じました。やはりこの旅程ですと12日間程度が好もしい旅行ではないかと思います。

TOPページへ