タタウィン




ジェルバ島から本土に渡ると乾燥地帯になりオリーブ畑の木の間隔も広くなる



途中のセプカの塩湖で写真撮影の小休止



セプカの塩湖では左岸の湖面は塩田状態、右の岸には赤い藻の湖面



やがてサハラの隊商の中継地として栄えたタタウインの小さな街に到着



タタウインの街には今もにぎやかな市場がありました



昔のクサールを利用した賑やかな市場は活況を呈していました



新鮮なオレンジが安い、添乗員はオレンジを買いましたが毎食沢山の果物がレストランで出てくるので配る機会がない



日用品やこ香辛料類なども



野菜や豆類等も沢山売っていました



焼き物なども



規模は小さな街ですが結構な賑わい

旅行記へ          TOPページへ


チュニス ( メディナ、 トフェ、 古代カルタゴ軍港、 アントニヌスの共同浴場、 ビュルサの丘、 カルタゴ博物館、 シディ・ブ・サイド、 バルドー博物館) 
ジェルバ島 (グェララ、 
ボルエル・ケビール)   クサール・ハッダダ、 シエニニ、 クサール・ギレン、 マトマタ、 
ボン岬半島 (
ハンマメット、 ナブール、 ケリビアの要塞 エル・ハワリアケルクアン)  ケルアン、 スース、  ドゥッガ