ナブール




陶器を初めとする工芸で知られる街 11月7日広場にはオレンジを載せた大きな陶器の壺がこの町のシンボルとして飾られている

 

チュニジア随一の産業の街として発展し、現在も周辺の商業の中心地

 

生活用品のあらゆるものが並ぶ。陶器や革製品などの特産品が並ぶ市が立つのはこの街の特徴

 

陶器のほか石彫、刺繍、鉄工芸の工房も多い

  

産業の街として発展し、現在も周辺の商業の中心地、アラブの特徴的な男だけの路地のカフェの風景

旅行記へ          TOPページへ


チュニス ( メディナ、 トフェ、 古代カルタゴ軍港、 アントニヌスの共同浴場、 ビュルサの丘、 カルタゴ博物館、 シディ・ブ・サイド、 バルドー博物館) 
ジェルバ島 (グェララ、 ボルエル・ケビール)   
タタウィン、 クサール・ハッダダ、 シエニニ、 クサール・ギレン、 マトマタ、 
ボン岬半島 (
ハンマメット、  ケリビアの要塞 エル・ハワリアケルクアン)  ケルアン、 
スース、  ドゥッガ