ボルエル・ケビール


紀元前587年頃カルタゴが侵入。エルサレム神殿が破壊された後、多くのユダヤ人が島へ避難してきた。その後ローマが都市と商業港を建設。キリスト教徒、ヴァンダル族、東ローマ帝国、アラブ人、スペイン、フランスが支配  スペイン時代の要塞・ボルエル・ケビール(ガージームスタフ砦)




 

ガージームスタフ砦の衛星写真と城門

 

砦の中には色々な時代のものが混在していました


  

                      砦の解説と写真                            城壁には狙撃兵が伏せ撃ちの出来る銃眼



砦の屋上のパノラマ



砦の屋上のパノラマ

 

昔は城壁を波が洗っていたらしいが今では砂浜が広がっていました

旅行記へ          TOPページへ


チュニス ( メディナ、 トフェ、 古代カルタゴ軍港、 アントニヌスの共同浴場、 ビュルサの丘、 カルタゴ博物館、 シディ・ブ・サイド、 バルドー博物館) 
ジェルバ島 (グェララ )   タタウィン、 
クサール・ハッダダ、 シエニニ、 クサール・ギレン、 マトマタ、 
ボン岬半島 (
ハンマメット、 ナブール、 ケリビアの要塞 エル・ハワリアケルクアン)  ケルアン、 スース、  ドゥッガ