スチェヴィツァ修道院



スチェヴィツァ修道院の衛星写真  修道院は、教会堂を中心に各辺約100m四角形に配置されていることが良く判る 



1582−1584年に「モヴィラ」という貴族達に建設されたモルドヴァ地方の修道院の中で一番大きな教会



高さ6m、厚さ3mの外壁で城壁の役割を兼ねるように完全に囲まれている



門の上のフレスコ壁画

 

               入場門                  北側外壁には現世で徳を積んだ者が天使に導かれて天国へ上る「天国への梯子」 



壁画は1595〜96年に製作されたもの 淡い緑がベースで「緑と光で作られた歌」とたたえられているフレスコ壁画



 南側外壁に「イエスの系図」、「聖母マリアの生涯の場面」
モルドヴァの他の教会堂と比べると異例なほど外壁の絵画の保存状態が良好

 

 

入口の天井や左右のフレスコ画

 

 

聖堂内は極彩色の保存状態が良好のフレスコ画で埋め尽くされ、沢山のイコンがありましたが撮影禁止
玄関でその複製が土産物としてガラスケースに展示されていました



各隅には見張塔が外からの攻撃を想定した構造になっています


TOPページへ          旅行記へ

国民の館、アンティム教会 ブカレスト旧市街、 革命広場クルテア・デ・アルジェシュ聖堂、 ホレズ修道院コジア修道院
トランシルヴァニア地方の村々、 アストラ野外博物館シビウ旧市街トランシルヴァニア地方の要塞シギショアラ旧市街
クルジュ=ナポカマラムレシュ地方の木造教会群サプンツァ村の陽気なお墓ウッドアート、イースターエッグ博物館
モルダヴィアの教会群
ビカズ渓谷 、ブラショフ旧市街ブラン城アズガワイナリーペレシュ城・シナイア修道院
アラカルト