プトナ修道院

 

プトナ修道院の衛星写真 プトナ川に取り囲まれた土地に建設された中世モルダヴィアの重要な文化・宗教・藝術の中心



プトナ修道院は1466年〜1469年に建設されたが火事と略奪の災いの歴史があります

 

1484年に火事によって7割ほどが焼失、1653年〜1654年には略奪破壊され、当時のままの状態で残っているのは見張り塔のみ



1757年〜1761年に修道院を再統合して再建、1881年に周囲の壁と塔が建設されました



入口の天井のフレスコ画



入口附近ののフレスコ壁画



ここでは内部の撮影が出来ました  金色が主体のイコノスタシス「聖障」

 

中央の大きなシャンデリアで中央のキリスト像などが隠れているので斜めから撮影

  

左右や背後の壁は極彩色のフレスコ画で埋め尽くされています

 

 

他の修道院では撮影禁止でしたがイコンや祭壇も撮影出来ました


TOPページへ          旅行記へ

国民の館、アンティム教会 ブカレスト旧市街、 革命広場クルテア・デ・アルジェシュ聖堂、 ホレズ修道院コジア修道院
トランシルヴァニア地方の村々、 アストラ野外博物館シビウ旧市街トランシルヴァニア地方の要塞シギショアラ旧市街
クルジュ=ナポカマラムレシュ地方の木造教会群サプンツァ村の陽気なお墓
ウッドアート、イースターエッグ博物館
モルダヴィアの教会群
ビカズ渓谷 、ブラショフ旧市街ブラン城アズガワイナリーペレシュ城・シナイア修道院
アラカルト