セブ島(サンペドロ要塞)



 セブ島のサン・ペドロ要塞はフィリピン最古かつ最小の三角形の稜堡式要塞でそのグーグル・アース衛星写真




現在に残る石造りの要塞は、1738年までに敵対するムスリム勢力からの攻撃に対抗するために建設された

 

サン・ペドロ要塞は2面が海、1面が陸に面する三角形の形状を持ち、海に面した2面は大砲で守られていた





次いで19世紀後半には、要塞はフィリピン人の反乱に対する拠点として機能するようになった

 

 

要塞内の面積は2025u、防壁の高さは61m、厚さが2.4 m

 

建築者のコンキスタドールミゲル・ロペス・デ・レガスピとマゼランの肖像画が飾られていました


TOPページへ         旅行記へ

ルソン島マニラ市街、 タール湖 )、 レイテ島 セブ島( スーパーキャットマゼラン・クロス、)、
  ボホール島( メガネザル自然保護区、 ロボク・リバー・クルーズ、 
チョコレート・ヒルズ