ボホール島(タグビララン港、メガネザル自然保護区)



 ボホール島のグーグル・アース衛星写真

 

セブ島の沿岸部で進められている再開発計画のSRP Bridgeを右舷に見ながらセブ第一埠頭を高速挺で出航



「メトロ・セブ」と呼ばれる大都市圏を眺めながら、ボホール島のタグビララン港まで約2時間の航海

 

ボホール島のタグビララン港はセブ島と異なり可成長閑な雰囲気でした

 

セブ島ではあまり見なかったバイクのサイドカータクシーを沢山見かけました

 

フィリピン名ではマオマグと呼ばれるターシャ(手の平に収まる体長のメガネザル)の保護区で野生のままの姿を観察

 

メガネザルの体長は12〜14cmほどで長く垂れる尾は体長の約2倍



大きな目は直径1.5cm 体に対する目の割合は人間と比較すると150倍手は吸盤状で5m以上もジャンプが出来る
ストレスに極端に弱く、溜まると頭を樹木にぶつけたり、水の中に頭を突っ込んで自殺することもあるらしい



TOPページへ         旅行記へ

ルソン島マニラ市街、 タール湖 )、 レイテ島 セブ島( スーパーキャットマゼラン・クロスサンペドロ要塞 )、
  ボホール島( ロボク・リバー・クルーズ、 
チョコレート・ヒルズ