タキシラ



ガンダーラ美術の中心はペシャワール、スワート渓谷ですが、タキシラはそこから離てはいるがガンダーラ最大の都市。紀元前4世紀のアレキサンダー大王の東征時にはすでに都市国家が形成されていました。その後、マウリヤ朝、バクトリア時代を経て、クシャン朝時代には"タキシラはガンダーラ文化の中心都市"として栄えます。しかし、5世紀にエフタル族の侵入を受け都市は破壊されました。1872年にイギリス人考古学者であるアレクサンダー・カニンガムによって発掘が始められ、現在も発掘・修復は続いています。首都イスラマバードから32Kmと近く、1980年にユネスコの世界遺産に登録された。

 

グランド・トランク・ロード 「王の道」は16世紀、一時的にムガール王朝に取って代わったアフガン系王朝のシェール・シャー・スーリによって作られカブールからアグラまでの壮大な「大幹線道路」。イスラマバードから28キロ、タキシラの手前にあるマルガラ峠に残されている石畳の道。馬車の車輪で磨り減った跡が残っている。

 

シルカップ遺跡と隣接してあるのがタキシラの博物館。ガンダーラの展示としてはペシャワール博物館に次い展示されています。 


 

実際の遺跡では見られない仏塔の細部装飾やギリシャ彫刻のような特徴をもつ仏像、レリーフなどが展示されていますが撮影禁止で入口の仏像のみ撮影しました。


 

門前ではパキスタンらしいデコレーション満載のバスが見られました。

 

庶民の足はリキシャと呼ばれる三輪宅タクシーで前と後向きで6人乗れるらしい


          TOPページへ                 旅行記へ

タキシラ ( ジョーリアン遺跡、 シルカップ遺跡、 モフラー・モラードゥ寺院、 ジャンディアル寺院
 
ダルマラージカ寺院、 ビール・マウンド ) イスラマバード  ダマネコ展望台ナショナル・モニュメント
 
ラホール  ラホール城、 バードシャーヒー・モスク、 ラホール博物館、 シャーラマール庭園) 
ロータス城塞  ワガー  ハラッパー ムルタン  ウッチュ・シャリフ  サッカル  モヘンジョ・ダロ  
モヘンジョ・ダロ博物館
  
カラコルム・ハイウェイ、 ギルギット、 ガクーチ、 カリマーバード、 デュイカル、 
イーグルズ・ネスト・ホテル  
バルチット城、 ハセガワ・メモリアル・パブリック・スクール、 アッタバード湖、 
グルミット
、 ナガール渓谷、 スマヤール・ナガール、 アラカルト