シベニク(クロアチア)




シベニクはアドリア海東岸の町々がイリリア人、ギリシャ人、ローマ人によって建設された   クルカ河がアドリア海に流れ込む場所に位置している



クロアチア人によって築かれた最初の海岸都市 ヴェネツィア共和国に抵抗し、15世紀の終りにオスマン帝国がシベニクを脅かしたが守り切った
16世紀には聖ニコラス要塞,17世紀には、聖ヨハネの要塞とスビチェビッチの要塞と次々に建設されてシベニクは要塞化された




クルカ河をたどってシベニクに到着、バス駐車場で降車、徒歩で聖ヤコブ大聖堂を目指す



クルカ河の岸だが海と見間違う河沿いの通り、町並みの上から 聖ヤコブ大聖堂のドームが見える



川岸の突堤を歩いてゆくと聖ヤコブ大聖堂とその向こうの丘の上に要塞が見えています





聖ヤコブ大聖堂  ロマネスク様式の教会があった場所に1431〜1536年にかけて建築され、幾人もの建築家がかかわったが
石造彫刻による装飾を付け加えた現地出身の巨匠ジョルジョ・オルシーニの功績を讃えた彼の像が前に建つている



扉の脇にはライオンが支えたアダムとイブ  中は撮影禁止



広場に面した扉に弾痕らしい穴が残っています、第二次世界大戦中に扉が面している広場に爆弾が落ちたときに破片が当たったものだそうです



天井の下の壁の帯状の装飾(フリーズと言う)にシベニク市民の71人の顔を配した彫刻、ゴシックとルネサンスの芸術の融合が見られる



ゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式の混合  レンガや木の補助を全く使わず建てられた石造建築の教会としては、世界一大きいそうです



聖ヤコブ大聖堂の屋根の天使像                       クロアチア共和国広場のシティーホール   



聖バルバラ教会(教会博物館)時計は24時間時計            中世の街の鳥瞰図が商店の窓に展示されていました    



細い路地の軒下に野良ネコや野良犬の為の餌場              世界最初の街燈      



                15世紀に建てられた聖イヴァン教会             家の玄関わきにはいわれのありそうな石版



   昇天教会               ハプスブルグ帝国時代に建てられた劇場



  欄干の彫刻も柱と一体                   要塞の城壁が残るそれをを利用してたてた建物の壁に城壁の装飾の彫像   



           聖フランシスコ教会                       クロアチア王国のペタル・クレシミル4世像



シベニクから高速1号線でプリトヴィチェを目指して北上



途中のパーキングエリアの給油所とそこに止まっていたキャンピングカー



山脈に入り長いトンネルを抜けました


旅行記へ          TOPページへ

クロアチアスルジ山 ドゥブロヴニク、 ドゥブロヴニク・クルーズトロギルスプリットプリトヴィチェ
モンテネグロコトル ボスニア・ヘルチェゴビナモスタルスロヴェニア リュブリアナブレッドポストイナ