ミルフォードサウンド・ハイウエイ



カワラウ川に架かる橋を渡り



ワカティプ湖の東岸のキングストン・ロードを一路南下



ニュージーランドでは羊の放牧が常識ですが、最近は鹿の放牧が増えているそうです(輸出先はドイツが主体)



キングストンを過ぎ暫らくすると右折して西に方向を変えてテアナウ湖畔へ



テアナウ湖畔のドライブイン キウイ・カントリーで小休止



キウイ・カントリーの脇の千両に似た大木                            民家の庭にも沢山の薔薇の花











アナウ-ミルフォードサウンド・ハイウエイの行程



ミルフォードサウンド・ハイウエイの路上の看板

 

アナウ-ミルフォードサウンド・ハイウエイを北上、エグリントン・バレーでは早朝特有の上空の霧で山は見えない



ミラー・レイクの看板  岸辺を散策



生息する動物の説明看板



岸辺に観光用の通路が設置されてをり、周囲の山が鏡のように水面に映りこの名が付いた



” Mirror Lakes” の看板は逆さまに付けられ、水に映って正しく読めるようになっている  透明度も抜群で倒木もよく見える



氷河地形の典型のU字谷の底のノブス・フラットの景色        雲が垂れこめていても絶景



公衆トイレ有料の表示がありましたが、ガイドの話では必要ないそうです           その前にブナの大木が聳えていました



狭い谷間の道を小さな湖の間を縫って氷河から流れ落ちる渓流に沿って



樹木雪崩などで時々不通になるそうだがその跡などを車窓に



氷河を頂くタルボット山、流れ落ちる渓流などを撮影



渓流の水は氷河の雪解け水で冷たかった



タルボット山をくり貫いた一方通行のホーマートンネルの手前で対向車待ちのために一時停車



幸い早く到着したのであまり混雑せずに5分ほどの待ち時間で素掘りのトンネルを通過



トンネルの出口で小休止、 ミルフォードサウンドの方向の眺め、独特のU字谷



トンネルの出口附近からヘリコプター観光が出来るらしく帰りの車窓から撮影



トンネルと船着場の丁度中間にあるキャズム渓谷を
散策        生息する鳥類などの説明看板





この緯度では珍しく島の生い立ちを推測される大羊歯



渓流の浸食で穴のあいた奇岩



熱帯雨林を思わせるサルオガセの垂れる大木

TOPページへ          旅行記へ


オークランド(オークランドオークランド・ドメインスカイ・タワー夜景 
ロトルア(ロトルア湖テ・プイアアグロドーム ワイトモ鍾乳洞 クライストチャ−チ 
テカポ湖
 アオラキ・マウントクック プカキ〜クイーンズタウン 
 
クイーンズタウン 
ミルフォード・サウンド