バゴー(チャイプーン四面仏座像)






下ビルマの中心でヤンゴンから80km、旧名ペグーの古代都市 モン族のペグー王朝(13世紀〜16世紀)の首都

  

       チャイティーヨに向かう時の昼食の中華レストラン(超満員)         チャイティーヨからの帰りのレストラン

 

1476年、モン族ペグー王朝によって建立された塔、高さ30mの柱の四面に背中合わせで仏坐像が配置されているものです


 

伝説では建設に携わった4人の女性の誰かが結婚したら仏像が壊れると言われていた、一人が結婚したら本当に西側の仏像が崩れたそうです

 

付属の建物と境内でココヤシむき身が売られていました


TOPページへ            旅行記へ


ヤンゴン ( シュエダゴン・パゴダ、ボウタタウン・パゴダスーレー・パゴダ、ボージョーアウンサンマーケット、カラウエイパレス 国立博物館)   

バガン ( シュエズィーゴン・パゴダ 、 シュエサンドー・パゴダティーローミンロー寺院、アーナンダ寺院
タヨッピェ・パゴダ、タウン・カラッ
タビニュ寺院ダマヤッズィカ・パゴダ諸パゴダ ) 

マンダレー( マハーガンダーヨン僧院
ミャティンダン・パゴダ「シンピューメェー」、プトードォパゴダ「ミングォン」
バガヤー僧院、ナンミャージ斜塔、マハーアウンミェ僧院マンダレーヒル、サガインヒル王宮、シュエナンドー僧院、クド−ドォ・パゴダ )   

インレー湖 ( ヘーホーガーペー僧院
ファウンドーウー・パゴダインダー族シュエ・インディン・パゴダサガー湖湖の水路インポーコン村 ) 

カロー ( セインタウン・パゴダ、シュエウーミン洞窟寺院、英国教会
ペイネピン村ミンカ村 )   

チャイティーヨ山 (
チャイティーヨ・パゴダ )       バゴー( シュエターリャウン・パゴダ、 )