マレー鉄道

 

マレー鉄道はマレー語で Keretapi Tanah Melayu なので略称:KTM、 
私たちはウエストコースト線クアラルンプール・セントラル駅からタンピン駅まで


 

クアラルンプール・セントラル駅は2001年4月16日開業 黒川紀章が設計の東南アジアで最大級の駅

 

近距離旅客輸送に特化した電車KTM コミューターは近郊へ、他の都市への交通はマレー鉄道となっている

 

KTM コミューターのプラットホームは1〜2階、マレー鉄道は地下  駅構内の案内板には日本語も表示されている

 

地下のプラットホームからウエストコースト線のカラフルな車両に乗り込みました



セントラル駅からタンピン駅までの車窓の風景はアブラヤシの林だけが続きました


 

タンピン駅に到着                               駅構内のKTMの看板

 

タンピン駅の切符売り場の窓口                               タンピン駅舎

TOPページへ

ツイン・タワー、KLタワー、王宮    国家記念碑、国立モスク、独立広場    ロイヤル・セランゴール 
オランダ広場   チェンフーテン寺院   ジョンカーストリート   セントポール・ヒル  
クアラ・セランゴール    スンカイ温泉    キャメロン・ハイランド    
ブキットメラー・レイク
ペナン大橋   セント・ジョージ教会   コーンウォーリス砦   
カピタン・クリンモスク   クアン・イン寺