青雲亭寺院マラッカ

 

マレーシア最古の中国仏教寺院     「青雲亭」と書いて「チェン・フー・テン」と呼ぶ寺



明の永楽帝の命を受け大遠征を指揮した「鄭和」の功績を讃えて1646年に建立



中央には本尊の観世音菩薩

 

 

左は海運を司る仏?神?                          右には正義と平和を司る仏?神?



現世利益を願う中国仏教   儒教、道教等の混在する中国らしい雰囲気 

 

道教関係の像か?                            この寺院建立に功績のあった人物らしい



阿羅漢(羅漢さん)の群像

TOPページへ

ツイン・タワー、KLタワー、王宮    国家記念碑、国立モスク、独立広場    ロイヤル・セランゴール 
マレ−鉄道   オランダ広場   ジョンカーストリート   セントポール・ヒル  
クアラ・セランゴール    スンカイ温泉    キャメロン・ハイランド    
ブキットメラー・レイク
ペナン大橋   セント・ジョージ教会   コーンウォーリス砦   
カピタン・クリンモスク   クアン・イン寺