国家記念碑、国立モスク、独立広場(クアラルンプール)



クアラルンプールの市内観光時のマレーシア国立モスク附近の衛星写真





国家記念碑正面入り口にモニュメントがあり”我々の栄光ある死へ”(TO OUR GLORIOUS DEAD)書かれています



モニュメントの門の左右に国家紋章



国家記念碑の台座にも国家紋章                 独立のために戦った兵士の戦闘の姿だがマレーシア人らしくない



アメリカ人彫刻家の硫黄島記念碑とも呼ばれるワシントンの海兵隊戦争記念碑の作者フェリックス・デ・ウェルドンの作品



マレーシア国立モスクの門前の塀  マスジッド・ネガラ(Masjid Negara)



近代的なモスク   屋根や72メートルの尖った白亜のミナレットは一見モスクには見えない



中は広々としていて我々異教徒は入れないのでズームで撮影 礼拝堂には8000人程度が収容できるそうです

 

中東のモスクを見慣れた私には違和感のある列柱   マレーシアの13の行政区とイスラム教の5行を象徴した18角形の屋根

 

マレーシアの歴代指導者の霊廟             旧マレ−鉄道駅舎(セントラル駅がの南方に開業するまでは、市内の中心駅)



独立した際(1957年8月31日)に、イギリスの国旗ユニオン・ジャックが降ろされ、マレーシア国旗が掲揚された広場



1897年竣工の英領マレーのイギリス現地政府庁舎でしたが、現在は最高裁判所として使用されています

 

サーモンピンクの高さ41mのドーム屋根や時計台など優美な建築物はエキゾチックで近代ビルのコントラストが面白い 

 

チョコレート専門店で買い物

TOPページへ

ツイン・タワー、KLタワー、王宮    ロイヤル・セランゴール 
マレ−鉄道   オランダ広場   チェンフーテン寺院   ジョンカーストリート   セントポール・ヒル  
クアラ・セランゴール    スンカイ温泉    キャメロン・ハイランド    
ブキットメラー・レイク
ペナン大橋   セント・ジョージ教会   コーンウォーリス砦   
カピタン・クリンモスク   クアン・イン寺