アンタンドロイ族ミュージャム

 

マダガスカル南部に多く住むアンタンドロイ族ミュージャムの前庭             バオバブ・モドキ(小型のバオバブの一種)

  

住宅が展示されていて、屋根の一部が切り取られていて内部の様子がわかりました



17世紀ごろまで生息していた 固有種の 巨大陸鳥エピオルニスの想像図のパネル(右隅の人物でその巨大さが判る)



アンタンドロイ族の栽培植物の種

 

アンタンドロイ族の衣服や生活様式なども展示

 

アンタンドロイ族の道具類も展示されていました

  

そのあと歩いて囲いに展示しているナイルワニ               超小型の陸亀などを見物(人物の影でその大きさが判る)

 

普通の大きさのマダガスカルホシガメ(陸亀

 

ナイルワニの池に蝶や水飲みに来たブラウン・キツネザル


TOPページへ            旅行記へ

独立大通   アヌシ湖   女王宮   アンブヒマンガ   レミュール・パーク   ツィンバザザ  カメレオン・ファーム   レミュール・アイランド
 マンタディア   ツィリビヒナ川   マナンボロ川   ツィンギ・デ・ベマラハ自然保護区   トラニャロ(旧フォール・ド−ファン)
ベレンティー・ロッジ   ウォーキング・サファリ   モザンビーク海峡   バオバブの並木道   アラカルト