アンブヒマンガの丘の王領地



アンブヒマンガ附近の衛星写真



マダガスカルを最初に統一したメリナ王国の王宮跡が登録されたユネスコの世界遺産アンブヒマンガを観光



アンブヒマンガとは、マダガスカル語で「青い丘」、「美しい丘」の意味で王宮とそれを取り囲む要塞



固有形式の王宮とフランス風の女王の館



女王の館の2階テラスから王宮と入口付近のいちじくの大木を眺める



女王の館の2階テラスからの展望







王族の墓地等からなる神聖な地域。伝統的な技術や資材を使ってつくられている。



王と女王それぞれの水浴び場







王宮の丘の上の大きな岩の頂上からはアンタナナリボや近郊のパノラマが広がっていました

TOPページへ            旅行記へ

独立大通、  アヌシ湖、  女王宮  レミュール・パーク、 ツィンバザザ、 カメレオン・ファーム、 レミュール・アイランド
マンタディア
  
ツィリビヒナ川、 マナンボロ川、 ツィンギ・デ・ベマラハ自然保護区、 トラニャロ(旧フォール・ド−ファン
ベレンティー・ロッジ  ウォーキング・サファリ  アンタンドロイ族ミュージャム
  モザンビーク海峡  バオバブの並木道  アラカルト