旧王宮・国立博物館(ルアンプラバン)



国立博物館ルアンプラバン中心部旧王宮グーグル・アースの衛星写真



1909年建造された シーサワンウォンの宮殿。現在は博物館、家具や調度品、日本のガラス細工など世界各国の贈呈品、黄金仏などを展示
車庫内には日本、アメリカ、フランスから送られた車がありました(現在でもエンジンがかかり走れるのは日本の車のみだそうです)
見学時はカメラや持ち物をロッカールームに預けて、室内の写真撮影禁止のため内部の写真はありません


 

        3頭の象の王家の紋章が正面に                    会議室の前にシーサワンウォン(在位1904〜59)の銅像
「百万頭の象の王国」ランサン王国が1353年から約200年に渡り都としたルアンプラバン



ワット・パバーン   パバーン仏(黄金仏)を安置するための礼拝堂で内部には台座のみで本体は博物館展示されている



入口の天井のみを撮影、内部は撮影禁止


TOPページへ         旅行記へ