イサベラ島(Isabela Island)
面積4588kuはガラパゴスで最大。6つの火山(うち5つは活火山)から形成されている比較的若い島で、ウォルフ火山は諸島で一番標高が高くて1707mある。ここは人の住んでる島で約1500人。そのうち1200人ほどがプエルトビジャミルに住んでる。綺麗なビーチがあり、ガラパゴスで一番美しい島。観光地化してるプエルト・アヨラより訪れる価値がある。ガラパゴス国立公園が運営するゾウガメ増殖センターもあり、その付近はフラミンゴの群れる池が散らばっている。見所も多い。●プエルト・ビジャミル  ティントラレス岩礁とフラミンゴや海イグアナ、アシカ等の住む池のある湿地とゾウガメの増殖センターの観察トレイル  ●アルセド火山   ●タグス・コーブ  ●ウルビナ・ベイ   ●エリザベス・ベイ  ●シエラ・ネグラ火山 一通り見ようと思ったら2週間ぐらいかかるようです。

今回は一日観光でプエルト・ビジャメルのそばの岩礁とフラミンゴの観察トレイルの散策だけでした。

 

高速ボートで航路上にある小さな岩の島とトルトゥガ火口島を左舷に見ながら島の南端にあるプエルト・ビジャメルへ

  

ロ青足カツオドリの泳ぐプエルト・アヨから高速ボートでイサベラ島へ

 

我々の乗った高速ボートはヤマハの200馬力船外機付き

 

船外機2基付のボートを軽々と追い抜きき、航路上のる小さな岩の島とトルトゥガ火口島を左舷に見ながら

 

プエルト・ビジャメルへ到着出迎えの小舟に移乗

 

小舟からは直ぐ傍を泳ぐペンギンが見えました

 

小舟から子供達の泳ぐビーチの船着場に上陸

 

船着場のマングローブの陰はアシカの絶好の休息場所

 

        道路上に.海イグアナが闊歩                           改造の乗用トラックでレッド・マングローブ・ロッジへ



昼食のレッド・マングローブ・ロッジ



レッド・マングローブ・ロッジの前には綺麗なビーチが広がっていました

 

     港の上陸地点の案内看板             プエルト・ビジャミルから海岸沿いにイサベラ・トレイルが整備され自然を楽しむことができる案内看板

 

フラミンゴのラグーン、ほかの鳥も

  

イサベラ島種の増殖センターの看板
この島のゾウガメは同じ島に生息しながら5つの火山毎のゾウガメの種類が異なる   ここでは合計800頭近くがその種を絶やさな為に人工飼育・繁殖されている

 

センター内の説明や展示

 

センター内には孵化の年代ごとに囲いがあり甲羅にはその年代が書かれていました

  

100歳を超えたカメもいるそうです

   

ゾウガメの好きなポイゾン・アップル(人間には毒)の説明看板

  

沢山の種類の鳥もいました

  

  

観光トレイルには独特な植物

 

泉の湧き出る「エル・エステーロ」ラグーン、フラミンゴの群れる

  

トレイルの途中にはフラミンゴの群れる沢山のラグーンが点在

  

大型のウミイグアナが棲息する「プラジャ・デ・アモール」のラグーンには海イグアナが沢山棲息

 

ビジャミル港の船着場から高速ボートに乗り込みましたが、帰りはどうしたのか?船外機2個付の高速ボート

 

途中で1機のエンジンが故障、まさに低速ボート、洋上で太平洋に沈む夕日の観賞となり、プエルト・アロヨ到着時は真っ暗でした


TOPページへ             旅行記へ

エクアドル  ラ・コスタ(グアナキルマレコン2000) アラカルト

エル・オリエンテ(
奥アマゾンサチャロッジキャノピーウオークカボックタワーカヌー


ラ・シエラ (キト赤道記念碑リオバンバインガビルカクエンカクエンカ近郊カハス

ガラパゴス諸島(
サンタクルス島プエルトアヨロ
アヨロ漁港

ダーウイン研究所
フロレアナ島ティントレラス岩礁