ツミンダ・サメバ大聖堂 (グルジア トビリシ)



トビリシ市街の中心部の衛星写真

 

                ツミンダ・サメバ大聖堂の衛星写真                      トビリシ市街の中心部から大聖堂はよく見える



サメバとは「三位一体」の意味 聖三者のための教会  1995年から建築され2004年に完成した南コーカサスで一番大きい教会



グルジア正教1500年とイエス・キリスト誕生から2000年を記念して建築された  聖堂から正面の入場門の向こうにTV塔のあるムタツミンダ山が見える

 

世界の正教会の中でも最大の聖堂の一つである

 

12個の教会とチャペルが敷地内にある

 

           敷地内からトビリシ市街が一望出来る                                沢山の教会の一つ

 

 入口のレリーフや門の扉の彫刻は旧約聖書でアブラハムを三人の天使が訪れ啓示した象徴として捉える伝統があり、それを表現している

 

 

大聖堂の中には入れませんでしたが、入っても撮影禁止、パンフレットの転載です

TOPページへ          旅行記へ


バクー  旧市街  アブシェロン半島  ツミンダ・サメバ大聖堂  トビリシ  ナショナル・ミュージャム

メテヒ教会  ナリカラ要塞  ジュヴァリ修道院  スヴェティツホヴェリ大聖堂  スターリン博物館  バニ遺跡

ゲラティ修道院  モツァメタ修道院  バグラティ大聖堂  バザール  エングリ川渓谷  メスティア

ウシュグリ村  バトゥーミ  植物園  アナリスツァカリ川渓谷  ゴニオ・アプサルス要塞  ボルジョミ

アハルツィヘ  グルジア・アルメニア国境   マルマシェン修道院  エレヴァン  アルメニア母の像

ガルニ神殿  ゲガルド修道院  ホルヴィラップ修道院  ズヴァルトノツの遺跡  聖リプシメ教会

エチミアジン大聖堂  宝物館  セヴァン修道院  ハフパット修道院  アルメニア・グルジア国境