スヴァルトノツ聖堂の遺跡 (アルメニア エレバン)



エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツ聖堂の遺跡の衛星写真



ズヴァルトノツ聖堂の遺跡の衛星写真



アララト山を背景にした巨大な円形教会の遺跡、10世紀に地震によって倒壊、20世紀初頭まで埋もれていた



7世紀の建設時は45mもの高さがあり「聖グリゴル・ルサヴォリチ大聖堂」と呼ばれ、立派で荘厳な大聖堂だったらしい

 

現在では、大聖堂の原型はほとんど残っていない

 

建物の一階部分の列柱のみが残っている

 

    大聖堂の入口が一箇所だけ当時の面影を偲ばせる           アルメニア使徒教会はカトリックと違い賛美歌を伴奏なしで歌う

 

遺跡の説明看板            地震によって倒壊落下した建物の一部が施設の上に岩のように残されています

 

ローマ風呂、僧坊、ワイナリーも併設した複合施設

 

修道院の遺跡内には、カトリコスの宮殿やワイナリーの跡も残されています

  

遺跡の入口には鷹の彫刻が       周りにはプラムの畑が広がり観光客が勝手に採っていました 前にはお土産屋さんが一軒ありました


TOPページへ          旅行記へ


バクー  旧市街  アブシェロン半島  ツミンダ・サメバ大聖堂  トビリシ  ナショナル・ミュージャム

メテヒ教会  ナリカラ要塞  ジュヴァリ修道院  スヴェティツホヴェリ大聖堂  スターリン博物館  バニ遺跡

ゲラティ修道院  モツァメタ修道院  バグラティ大聖堂  バザール  エングリ川渓谷  メスティア

ウシュグリ村  バトゥーミ  植物園  アナリスツァカリ川渓谷  ゴニオ・アプサルス要塞  ボルジョミ

アハルツィヘ  グルジア・アルメニア国境   マルマシェン修道院  エレヴァン  アルメニア母の像

ガルニ神殿  ゲガルド修道院  ホルヴィラップ修道院  ズヴァルトノツの遺跡  聖リプシメ教会

エチミアジン大聖堂  宝物館  セヴァン修道院  ハフパット修道院  アルメニア・グルジア国境