トンレサップ湖(Tonle Sap Lake)


東南アジア最大の湖、クメール語で巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonle) という意味。一年のうちほとんどの期間、水深は1mに留まり、面積は2700kuしかない(このためプノンペンとシェムリアップを結ぶ定期船が座礁する場面がよくある)。形状はひょうたん形。しかし、夏季のモンスーンの時期には湖からプノンペン付近でメコン川に流れ込むトンレサップ川が逆流、そのため周囲の土地と森を水浸しにし面積は16000kuまで拡大して深度も9mに達する。その為に有機物が豊富で、多量のプランクトンが供給され、このような一時的水域で繁殖する魚が大量に発生する。体重100kgを上回るメコンオオナマズ (Pangasius gigas) やフグなど600種類以上の淡水魚が生息する。雨季の終わりには水が引き、繁殖を終えた魚は川下に移っていく。トンレサップ水系で採れる魚は、カンボジア人のたんぱく質摂取量の60%を占める。水が引くにつれ周囲に養分に富む堆積物を残すため、乾季には肥沃な農地が拓ける。浮き稲などが栽培されている。トンレサップ川が逆流することで、メコン川下流の洪水を防ぐ安全弁にもなっている。トンレサップはインド亜大陸とアジア大陸の衝突によって引き起こされた地質学的な緊張による沈下のために形成された堰き止め湖である。



遊覧船の乗り場から水位が低いので船まで泥の固まった坂を下りる

 

              学校とバスケットコート           遊覧船は細い水路を通り広い湖面まで出る

  

湖上生活者にも貧富の差が大きく粗末な筏の掘っ立て小屋もあればクルーザーを所有している家もある            狭い水路は陸上の道路と同じ



湖上の水上生活者の集落、住宅のほか学校、商店、教会、医院、歯医者、床屋等あらゆる施設の筏や船が並んでいる

  

水路の脇の樹木の枝には雨季の水位を示すようにゴミが残っている

  

水路は浅く漁場や薪集めなどの仕事場でもある

  

ハンモックで休む親子                 玄関に花の飾っている家は嫁入り前の娘がいる印                            船大工                  

 

学校から子供たちが下校                                                  湖上の野菜畑

  

湖上のドライブイン                             ナマズの養殖                          食用の鰐の養殖      

アンコールトム 、アンコールワットタ・プロム パンテイアイ・スレイ 、ロリオス 、 以外のアンコール遺跡群 アラカルト   遺跡の衛星写真

TOPページへ