アンコール・トム (Angkor Thom)


アンコールワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡。12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設された。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。クメール語でアンコールは「都市」、トムは、「大きい」という意味。
一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。アンコールトムの中央に、バイヨン (Bayon) がある。その周囲にも象のテラスやライ王のテラス、プレア・ピトゥなどの遺跡も残っている。


南大門      外部とは南大門と同じような5つの城門でつながっている。

  

観光客の多さに驚きました。結構な暑さで歩くのも大変でした。象のタクシーも人気があり入れ替わりに乗り込んでいました。

 

城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施され深い森に囲まれていました。

 

南大門の堀を渡る橋の欄干に左右それぞれ巨人の石像が並べらおり、向かって左側の像は神々、右側の像は阿修羅で7つの頭を持つ蛇神ナーガの胴体を抱えています。

  

南大門の表の象の飾りは半壊していましたが門を潜ると裏側の飾りはまだ残っていました。                    勝利の門(東側)


バイヨン寺院(仏教)



バイヨン寺院は須弥山を象徴化し大乗仏教を基としており、アンコール・トム全体がその宇宙観によって造られています。

 

       バイヨン寺院の平面図(着色部分が塔のある場所)               ヒンズー教による解釈を基にして造られているのがアンコール・ワットです。

 

各塔の4面に観音菩薩像が彫られています

  

修復や発掘などに日本政府は多大なる支援をしている。

  

回廊には近隣諸国との戦争の浮彫が沢山描かれています。写真ではわかりにくいですね。

バイヨン寺院の塔の四面神は何の神なのか?長い間論争が続いてきたらしいが最近では「観世音菩薩」ということに落ち着いている。そのためバイヨン寺院は仏教寺院であるとの通説になった、しかし通常の四臂観世音菩薩像は冠をつけていないし両目を開いている。これに対しバイヨンの像はいずれも冠を着けていて目を閉じて瞑想風である。異説としてシヴァ神(破壊と創造の神)説、ブラフマー神(知恵の神)説、ジャヤヴァルマン七世の神格化説とがある。バイヨン寺院が建設された時期はアンコール王朝の重大な転換期にあった。ジャヤヴァルマン七世が王位に就く四年前に一時アンコールトムは隣国チャンパの攻撃を受けて陥落、神々に守られていると信じられていた王都が敵に奪われたのはクメール人にとって大きな衝撃であった。その精神的宗教的打撃を払拭するために王は巨大な四面神を造りクメール人の宗教心を取り戻させ、国家鎮護の役割を担わせた王の意図があったのではないか。

バプーオン寺院

 

バプーオンは修復中、中央祠堂には入れません。本来50mの塔があり、アンコールワットより高いものだった。今はその面影はなく周囲に崩れた石材が点在している。

 

基壇の上に涅槃像、その上に塔の構造だった。左の看板の頭の方向からの写真ですが涅槃像に見えますか?


ピミアナカス「天上の宮殿」



ピラミッド型の建造物です。ラテライトで3層に積み上げられ祠堂が上にのっています。その中央塔には9つの頭を持った蛇神ナーガが宿り、女性に姿を変え、王は夜な夜な女性(ナーガ)と交わらなければならなかった。もし一夜でもこの行為を怠れば王は早死にする信じられていたという伝説があります。


象のテラス



12世紀後半、ジャヤヴァルマン七世によって創られ、王族の閲兵などに使われた王宮前にあり高さ3m、長さは300m以上あります。



東側壁にはその名のとおり象のレリーフが。

 

中央ブロック側壁にはガルーダ像レリーフがならんでいる。


ライ王のテラス

 

テラスの脇に左の建築がありましたがガイドの説明聞き逃しましたので名前は不明です。右の写真が象のテラスの隣にあるライ病にかかった王のテラスと言われています。この奥に旧いテラスが残っていて二重の壁面になっているそうです、また内部には見るものがあるらしいのですが時間の関係で見れませんでした。


アンコールワットタ・プロム パンテイアイ・スレイ 、ロリオス 、 以外のアンコール遺跡群 トンレサップ湖  、アラカルト   遺跡の衛星写真


TOPページへ