インカワシ島

 

ウユニ塩湖のインカワシ島とトゥヌパ山(5,432m)の衛星写真(北の入江の部分が駐車基地)



インカワシとはインカ時代のケチュア族の言葉で「インカの家」という意味らしい



全島巨大な柱サボテンに覆われている



北の入江の部分の駐車基地に観光客は集合

 

サボテンは、1年に1cmしか伸びないらしいのでインカ時代からのものが沢山



枯れたサボテンは建材になっていました



ボリビアの国旗が北の岬に翻る



生活物資や水はトラックで運んできます


 

インカワシ島頂上迄登りましたが富士山と同じくらいの標高で珊瑚の岩の難路で約40分かかりました



大昔海の島だった証拠は珊瑚礁の岩

 

多肉植物の綺麗な花が咲いていました

  

車の上にテントで強烈な太陽を避けランチ、現地の方か観光客か?楽器で演奏してくれました

 

途中からのトゥヌパ山(5,432m)遠景とズームアップの写真


TOPページへ          旅行記へ

サンタ・クルス、 コチャバンパコンコルディアの丘 )、 トロトロ村トロトロの岩山恐竜の足跡、 トロトロ・キャニオン
ラパス (ミ・テレフェリコ)  ウユニ塩湖列車の墓場コルチャニ村天空の鏡純白の大地、 アラカルト