アポローニア遺跡




フエルの街の東方近郊でアドリア海側の小高い丘を含む平原にあるローマ時代のアルバニア最大のアポローニア遺跡  

  

バスの駐車場の入門ゲイトから登った展示館の手前に遺跡の概況の看板が出ていました 発掘されたのはほんの1部、ほとんど未発掘のようでした



発掘品展示館の左手に大きな神殿の跡と半円形劇場の跡が  アルバニアチーム発掘は1948

    

新婚カップルが記念撮影   小さなオベリスク                      一番高い丘の上にレストラン             

    

発掘の様子を説明写真が展示してある                       レストランの屋外で昼食

  

オリーブの古木の茂る                丘を下ると正面にアクロポリスの丘、その向こうにフイエルの街を遠望          



アクロポリスの丘もほとんど未発掘  最初の発掘はオーストリアのチーム(19161918) 



未発掘の広場からアドリア海の水平線  2番目の発掘はフランスのチーム(19241938

  

発掘された建造物の遺跡はほとんど崩壊状態(地震や盗掘が原因)               半円形劇場の跡           

  

                   東方正教の教会の跡  現在は展示館の一部                       花嫁の記念撮影

  

                 発掘品の展示館が併設されています                片隅にビザンチン皇帝の名前の刻まれた戦勝記念碑

    

    

発掘品の展示の一例     第二次大戦や共産体制の混乱から盗掘や盗難で一時閉鎖されていたらしい


TOPページへ            旅行記へ


スコピエ パンテレイモン修道院、  マトカ渓谷、  ストピ遺跡、  ビトラ、  ヘラクレア遺跡
オフリド
 ( サミュエル要塞、 マリア教会、 パンテレイモン聖堂、 カネオ教会 )
ナウム修道院、  
ベラト、  ティラナ、  デュレス、  クルヤ
コマン湖、 バルボナ渓谷、 
プリズレン、 ペーヤ、 プリシュティナ、 ( ウイーン )