トップ 東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州

湧 網 線

1935.10.10 湧網東線網走−卯原内間開通
1935.10.20 湧網西線中湧別−計呂地間開通
1936.10.10 湧網東線卯原内−常呂間開通
1936.10.17 湧網西線計呂地−中佐呂間(後の佐呂間)間開通
1952.12.6  湧網東線常呂−下佐呂間(後の浜佐呂間)間開通
1953.10.22 佐呂間−下佐呂間(後の浜佐呂間)間開通で全通。湧網東線、湧網西線を合わせて湧網線に改称
1987.3.20  全線廃止

 興浜南北線とほぼ同時期の開通ですが、こちらは湧網東西線と名づけられました。興浜線が南北だから湧網線は東西にしようと張り合った?わけではなく、オホーツク海の海岸線が興浜線沿線ではほぼ南北になっているのに対し、湧網線沿線ではやや北西から南東になっている影響と思います。

 1892年制定の「北海道鉄道敷設法」の予定線に、「天塩国夸与呂ヨリ北見国網走ニ至ル鉄道」が規定され、これは名寄本線名寄−興部−中湧別間および湧網線が該当し、前者はこれに沿って建設が進められ、1921年10月5日に全通しました。一方、後者は1922年改正鉄道敷設法別表に「146 北見国中湧別ヨリ常呂ヲ経テ網走ニ至ル鉄道」として改めて規定されましたが、恐らく経由地を巡って政党間の争いがあり、制定時に常呂経由を主張していた与党が別表に書き込んだのではないかと思います。

乗車 1985.2.23中湧別→網走 1987.2.24網走→中湧別

駅名 起点からのkm 開駅年月日

(中湧別) 0.0

五鹿山(仮) 2.6 1958.7.1

福島(仮) 4.3 1955.12.25

芭露 9.9 1935.10.20
 

志撫子(仮) 15.2 1955.12.25


計呂地 16.5 1935.10.20
 

 

浜床丹(仮) 19.1 1956.8.20
 

床丹 21.0 1936.10.17
 

若里(仮) 25.0 1955.12.25


佐呂間 29.3 1955.8.20中佐呂間
 

 

堺橋(仮) 31.8 1956.12.20

興生沢(仮) 33.7 1955.12.25


知来 36.0 1953.10.22
 

紅葉橋(仮) 39.1 1955.12.25


仁倉 41.4 1953.10.22


浜佐呂間 46.0 1952.12.6下佐呂間
            1963.10.1改称


北見富丘 49.4 1952.12.6


東富丘(仮) 52.0 1956.5.1

北見共立 54.0 1952.12.6


土佐(仮) 57.2 1956.1.7

常呂 59.5 1936.10.10
 



能取 66.7 1936.10.10


北見平和 73.1 1949.10.20仮乗降場
            1954.1.1  正駅

一応この駅も正駅のはずですが、なぜか駅名標が仮乗降場で使用されているプラカード型駅名標です。


卯原内 76.6 1935.10.10
 

二見中央(仮) 80.3 1956.5.1


二見ヶ丘 82.1 1935.10.10


大曲(仮) 87.9 1955.12.25

(網走) 89.8

(仮)は仮乗降場

トップ 東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州