九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国


矢 部 線



国鉄監修「交通公社の時刻表」1984年12月号より転載




 鹿児島本線羽犬塚駅を出発して山内までは筑後平野の田園地帯を走り、駅の間隔も2km前後なのに、山内を出ると急に山深くなり、次の北川内まで3.5km、終点の黒木までは、4.5kmと急に駅間が開きます。地図で見れば山内から黒木まで国道442号沿いに行けば近いのに、わざわざ上陽町(北川内)を大回りしています。なお矢部線の矢部とは、黒木から先延長する予定だった矢部村のことです。

 矢部線は軍需輸送の必要性(何を輸送するつもりだったかは不明)から1936年、鉄道敷設法別表に「111ノ2 福岡県羽犬塚ヨリ矢部ニ至ル鉄道」として追加され、翌年から着工されましたが、黒木までの路盤が完成したのみで戦争中の開業は見送られ、戦後せっかく線路が出来たのだからと、1945年12月26日、戦後の新線開通第1号として開業しました。
 矢部線開通以前に南筑軌道が走っていたにも拘らず矢部線が計画されたのは、南筑軌道が線路幅914mmの軽便鉄道で、しかも県道(現在の国道442号)の片側を走っていたと思われ、とても軍需輸送に耐えられない上、上陽町(北川内)を経由する必要があったからでしょう。そして並行して堀川バスが走り出したため1940年に廃業しました。矢部線建設が決まったから廃線になったと言う考えもあるようですが、競合する場合は開通時か開通後に補償金をもらって廃止するケースが一般的でした。堀川バスに客を取られて廃止になったと考えるのが自然だと思います。

 開通してはみたものの、敗戦で肝心の軍需輸送がなくなったため、客貨とも輸送は振るいませんでした。もともとバスのほうが便利なのだから初めは鉄道に乗った人もバスに戻り、やがてマイカー時代となりました。貨物にしても1958−60年に日向神ダム建設のため貨物列車が増発された以降は不振でした。1968年の赤字83線にも名を連ね、国鉄再建法による特定地方交通線選定の際にも基準期間の平均輸送密度が1,157名だったため第1次廃止対象に選定され、結局バス転換となりました。一応転換バスは設定されたものの、もともと沿線が堀川バスのメインルートだったため、北川内経由を設定した程度でした。

 現役時代の矢部線で面白かったのは車両運用で、矢部線は熊本鉄道管理局に属していたにもかかわらず、門司鉄道管理局の西唐津運転区(門カラ)の一般型気動車が2〜3両で使用され、西唐津〜佐賀〜瀬高〜羽犬塚と走り、その日に4往復、翌日に2往復すると逆ルートで西唐津に帰ります。このような形になったのは、鹿児島本線の電化が進んだので熊本から気動車を回送するより、すぐ近くの佐賀線と共通運用にしたほうが合理的と考えたのでしょう。佐賀線は瀬高を出るとすぐ門司鉄道管理局の管轄になります。黒木発8時42分の424Dは羽犬塚9時22分着ですが、矢部線用0番ホームではなく向かいの鹿児島本線下り1番ホームへ入り、折り返し961D佐賀行きとなり、わずか3駅のみ鹿児島本線を走ります。作者が1984年9月14日に乗ったのもこの列車でした。

 2005年8月5日、下に書いたとおり星野村へ行く機会があったので、それに先立ってレンタカーで矢部線跡を走ってみました。山内までは全面的に道路になっていたのでたどりやすかったのですが、はっきり駅跡とわかるのは交通公園となった筑後福島とSLが置いてある黒木のみでした。他の駅しても記念碑ひとつないのは矢部線の役割があまりにも軽かったからでしょうか。

 上陽町からさらに北東に進んだ、八女郡星野村に今も「原爆の火」が燃えています。同村出身の山本達雄さん(2004年5月11日88歳で逝去)が戦争中広島に出征していて、しかも広島ではおじの弥助さんが書店を経営していました。1945年8月6日に原爆が投下された際、弥助さんの店は焼け、弥助さんは行方不明となりました。達雄さんは1ヶ月あまり弥助さんを探しましたが見つからず、星野村に帰ることにし、弥助さんに別れを告げに店の焼け跡に行った際、地下倉庫ではまだ火がくすぶっていました。達雄さんはその火を弥助さんの形見として、そしてこんなひどい目にあわせたアメリカをいつか焼き尽くしてやると、出征の際におばあさんからもらった懐炉の懐炉灰に移して持ち帰り、20年余りにわたって人知れず守って来ましたが知られるところとなり、1968年、星野村が「平和の火」として燃やし続けることになりました。最初は村役場の庭にガス灯のようなものを建ててそこで燃えていましたが、1995年、平和の広場に「平和の塔」を建て、火はそこに移されました。
 1991年、現在私が合唱を教わっている作曲家の安藤由布樹(あんどう ゆうき)先生がこの話を元にカンタータ「この灯を永遠(とわ)に」を制作し、以来あちこちで歌われて来ましたが、安藤先生より「戦後60年の今年の8月6日、星野村の平和式典でこの灯を永遠にを歌おう」との呼びかけがありました。私は矢部線の廃線跡探訪や九州新幹線など行きたい所があったのでメンバーと別行動で参加し、矢部線廃線跡探訪の後星野村へ向かい、合流しました。
 なお、山本達雄さんの御次男の山本拓道さんがやきもの(陶芸)の窯「錠光窯(じょうこうがま)」を星野村で開いておられますので、ホームページを参照してください。

 なお、矢部線跡廃線跡探訪に際し、相互リンクしている山田昌敬さんのホームページ「鉄路に魅せられて」→「失われた鉄路を求めて」→「矢部線廃線跡調査」を参考にさせていただきました。どうもありがとうございました。

1984.9.14乗車 2005.8.5廃線跡に沿ってレンタカーで走行。


駅名 起点からのkm 開駅年月日


(羽犬塚) 0.0 1894.4.1

1984年9月





2005年8月

1984年当時とあまり変わっていませんが、こちらのほうがなんかごちゃごちゃした感じがします 1984年の駅名標と枠の形が同じですので、流用したのでしょう。


旧国鉄仕様?の駅名表も残っています。 1番線ホームに残る0番線(旧矢部線ホーム)跡。線路跡は歩道になっています
 
矢部線の線路跡は、下り方向へ鹿児島本線と並行しています。 左の写真の柵のあたりに小さな鉄橋が残っています。


保線機械を置いてあるところが矢部線の線路敷だそうで、唯一線路が残っています。

花宗 1.5 1958.2.1

1984年9月





2005年8月




左の写真(奥が羽犬塚)の家の先から右の写真(奥が黒木)の「エ」マークの杭までの間が駅だったのではないかと思います。「エ」は国鉄の古い呼び方の「工部省」の頭文字で、国鉄用地との境目に建っていました。


この家の先の木が茂っているあたりがホーム跡だと思います 左の写真の奥に見える国道209号線とのアンダークロス。当然のことながら単線分の幅しかありません。

鵜池 3.9 1945.12.26

1984年9月





2005年8月 一番下の写真の水道工事屋さんの話だと、道路左側の団地の前が駅だったそうです。






蒲原 4.6 1958.2.1

1984年9月 隣駅の筑後福島のローマ字がおかしいですね。





2005年8月 上の駅名標を見ると黒木に向かって左側がホームなので(この写真は奥が羽犬塚)、交差点近くの右側のビニールハウスの前あたりが駅だったのではないかと思います。





筑後福島 6.8 1945.12.26

1984年9月




2005年8月 交通公園になっていました。駅舎とホームがありますが、上の写真を見るとわかる通りあくまでもモニュメントであり、オリジナルではありません。交通公園を中心に「八女福島のトンネル藤」として歩道に藤棚が整備されています。







今古賀 8.0 1958.2.1

1984年9月





2005年8月 上の写真と下の写真を見比べると、工場の建物とトタン塀の間あたりに駅名標があったことがわかります。工場の人に話を聞こうと思ったらちょうど昼休みで誰もいませんでした。




上妻 9.3 1945.12.26

1984年9月





2005年8月 この団地の前辺りに駅があったと思われます。




山内 11.7 1945.12.26

1984年9月





2005年8月 八女市東公民館の前の駐車場が駅と思われます。





山内を過ぎると急に山深くなり、現原橋で廃線跡道路は星野川を右岸に渡るのに、廃線跡は星野川の左岸をそのまま進み、宮ヶ原の集落を過ぎて北川内の手前で右岸に渡って来ますが、その築堤と、橋脚の一部が今も残っています。






北川内 15.2 1945.12.26

1984年9月 ローマ字に注目してください。「KITAKAWATHI」何と読むんでしょうか?「きたかわてぃ」それとも「きたかわずぃ」?





2005年8月 上陽町地域福祉センターになっていました。





この後、北川内トンネルと中原トンネルを抜けると黒木に着きます。なおどちらのトンネルも通り抜けは出来ません。


北川内トンネル羽犬塚側 同黒木側


中原トンネル羽犬塚側。酒の貯蔵庫になっています。


中原トンネル黒木側

黒木 19.7 1945.12.26
駅名は「くろき」で、町名は「くろぎ」。

1984年9月





C11 61号機 廃止反対看板「国鉄地方線は住民のもの みんなで矢部線を守りましょう」


2005年8月 黒木町体育センターになっていました。右側にC11 61号機が保存されていますが、屋根が1984年には右下がりだったのに左下がりになっていること、1984年には無かった踏切警報機や土台があることから廃駅後移設されたものと思われます。






九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国