九州 トップ 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国・四国


妻 線


国鉄監修「交通公社の時刻表」1984年12月号より転載


1913.12.15 宮崎県営鉄道広瀬(後の佐土原)−福島町(後に廃駅)間開通
1914.4.26  宮崎県営鉄道福島町(後に廃駅)−佐土原(後の西佐土原)間開通
1914.6.1   宮崎県営鉄道佐土原(後の西佐土原)−妻間開通
1917.9.21  国鉄買収、妻軽便線となる
1920.9.11  最初の広瀬と福島町を廃止し、現在の佐土原の位置に広瀬を設置
1922.8.20  妻−杉安間開通
1922.9.2   妻軽便線を妻線に改称
1944.12.1  妻−杉安間営業休止
1947.3.20  妻−杉安間復活
1984.12.1  全線廃止

 珍線名・珍駅名の1つです。すぐ近くの日南線に子供の国駅があり、「子供の国→妻」の乗車券が売れたそうです。
 前身の宮崎県営鉄道は他に沖縄、千葉にしか存在しなかった県営鉄道の1つです。1922年改正鉄道敷設法「122熊本県湯前ヨリ宮崎県杉安ニ至ル鉄道」に沿って湯前線(現くま川鉄道)湯前までの延長を夢見ましたが山に阻まれてかなわず、国鉄(→JR)バス日肥線が結んでいましたが、JR九州の合理化に伴い一部が西米良村村営バスに移管されました。
 戦時中にはレール供出のため妻−杉安間が営業休止となり、戦後復活したものの1968年には赤字83線に名を連ね、国鉄再建法による特定地方交通線選定の際にも基準期間の平均輸送密度が1,217名だったため第1次廃止対象となり、第三セクター化を検討するも黒字転換は不可能との結論になりバス転換されました。

乗車 1984.9.14


駅名 起点からのkm 開駅年月日


(佐土原)  0.0 1968.1.23広瀬を改称


西佐土原  6.0 1914.4.26佐土原
           1965.6.1 改称




黒生野  10.0 1914.6.1




妻    13.5 1914.6.1
後ろに見えるのは国鉄バスの車庫。ここから湯前方面へのバスが出ていました。




穂北   16.7 1922.8.20




杉安   19.3 1922.8.20


 


九州 トップ 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国・四国