近畿 トップ 北海道 東北 関東 中部 中国・四国 九州

高 砂 線


1913.12.1  播州鉄道加古川−高砂口(後の尾上)間開通
1914.9.25  播州鉄道高砂口−高砂浦(後の高砂港)間開通
1923.12.21 播但鉄道に譲渡
1943.6.1   国鉄買収、高砂線となる
1984.12.1  全線廃止

 高砂からさらに高砂港まで1.7kmの貨物線が出ていました。山陽本線と山陽電鉄に挟まれている上、神姫バス路線があるので旅客は少なく、1968年の赤字83線には顔を出さなかったものの、国鉄再建法による特定地方交通線選定の際にも基準期間の平均輸送密度が1,536名だったため第1次廃止対象となった上、1984年2月1日に貨物輸送が廃止され、終点に国鉄高砂工場がありましたが鷹取工場に統合されたため廃止となり、存在意義を失ったのでバス転換となりました。
 野口から別府鉄道が出ていましたが、国鉄貨物減量化のあおりを受けて1984年2月1日で廃止になりました。明治時代を彷彿とさせるオープンデッキの2軸客車が最後まで走っていたそうです。僕は乗り損ねましたが。別府鉄道については、当HPとリンクしている泰中美彦さんの¢めずらしい車と物のホームページ」の「鉄路を走るめずらしい車関係 & 失われた鉄路」に出ています。

 駅名標の形と書体がどの駅も同じですが、これが大阪鉄道管理局標準なのだそうです。

乗車 1984.9.16

駅名 起点からのkm 開駅年月日

(加古川) 0.0

野口 2.0 1913.12.1北在家
        1914.9.25改称


鶴林寺 2.7 1955.2.10


尾上 3.7 1913.12.1


高砂北口 5.7 1930.7.10


高砂 3.7 1914.9.25

 

近畿 トップ 北海道 東北 関東 中部 中国・四国 九州