九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国民鉄


添 田 線


1915.4.1  小倉鉄道上香春(現香春)−上添田(現添田)間開通
1943.5.1  国鉄買収、添田線となる
1956.3.15 日田線に改称
1960.4.1  添田線に改称
1985.4.1  全線廃止

 ルート変更の中で独立した線名がついたため、廃止対象となった気の毒な路線の1つです。このような例は北海道の天北線などがあります。

 1956年3月15日、田川線彦山−彦山線大行司間が開通した際、東小倉−香春−大任−添田−夜明が日田線となりました。1956年11月19日、日田線東小倉ー石田間の旅客営業が廃止され(1962.10.1廃止)、同時に城野−石田間が開通しこちらが日田線のメインルートとなりました。1957年10月1日に日田線香春−伊田(現田川伊田)間が開通し、現在の日田彦山線ルートが完成しました。1960年4月1日、田川市内の主要駅である伊田(現田川伊田)、後藤寺(現田川後藤寺)経由をメインルートにするのと同時に彦山観光を売り込むため日田彦山線に改称し、同時に香春−大任−添田間は4年ぶりに添田線に戻りました。
 その後は1968年の赤字83線にも名を連ね、国鉄再建法による特定地方交通線選定の際にも基準期間の平均輸送密度が212名だったため第1次廃止対象に選定され、結局バス転換となりました。両端で他の国鉄線に接続しているにもかかわらず第1次廃止対象に選定されたのは「営業キロ50km未満で輸送密度500人未満」は両端での国鉄接続は無関係だったためです。
 営業係数も3,000円を超え、1977年から79年まで北海道の美幸線を抜き、赤字日本一になったこともあります。1981年に結束してレールを守ろうと添田町と美深町が姉妹町になりました。残念ながら美幸線も1985年9月に廃線となりました。

 もともと香春−添田間は添田線経由のほうが短いので、全部ではありませんが香春で日田彦山線列車から添田線列車に乗り継ぐと添田に先回り出来るダイヤになっていました。また、香春に住む高校生が添田の高校に通う場合、香春−田川後藤寺−添田−大任−香春の循環定期の発行を認め、早い列車で登下校できるようにしていたようです。

 筑豊で産出される石炭を苅田港へ輸送しようと豊前川崎−田川線(現平成筑豊鉄道)油須原間に「油須原線」を建設していて、添田線と大任で交差していましたが、ローカル線廃止問題の中で完成間近で建設中止となり、壮大な無駄遣いの残骸をさらしています。レールはそのままなのでトロッコ競技に使われているようです。

乗車 1985.3.30


駅名 起点からのkm 開駅年月日


(香春)   0.0 1915.4.1 上香春
          1943.5.1 改称 


上伊田   2.5 1915.4.1





今任    4.6 1915.4.1




大任    8.0 1915.4.1 梅田
          1943.5.1 改称




伊原   10.4 1915.4.1




(添田)  12.1 1915.4.1  上添田
          1931−34頃 彦山口
          1942.8.25 改称


九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国民鉄