中国・四国 トップ北海道東北関東中部近畿九州


下 津 井 電 鉄


1913.11.11 下津井軽便鉄道茶屋町−味野町(→味野→児島)間開通
1914.3.15  下津井軽便鉄道味野町−下津井間開通で全通
1922.11.28 下津井鉄道に改称
1949.5.1   電化完成
1949.8.20  下津井電鉄に改称
1972.4.1   茶屋町−児島間廃止
1987.11.25 児島駅を200メートル下津井寄りに移転
1991.1.1   全線廃止

 時刻表の中国地方の索引地図の岡山県の宇野線宇野駅の西側に他の鉄道と接続していない鉄道がありました。これが下津井電鉄で、線路幅762ミリメートルと、1977年に石川県の尾小屋鉄道が廃止された後は近鉄内部・八王子線、同北勢線(現三岐鉄道北勢線)、黒部峡谷鉄道に残るのみとなっていました。

 明治時代のレジャーといえばお寺参り、すなわち「参詣」で、各地に参詣を目的とした鉄道が作られました。岡山県の下津井港も香川県の金毘羅参りの乗船客でにぎわいましたが、1910年に国鉄宇野線が開通し、宇高連絡船が就航すると乗客を奪われました。そこで国鉄に対抗すべく軽便鉄道建設が計画され、下津井軽便鉄道として茶屋町−味野町間に続き、味野町−下津井間が開通して全通しました。それでも宇高連絡船にはかなわずしばらくは苦しい経営が続きましたが児島付近で繊維産業が発展すると客貨とも増え、鷲羽山への観光客でもにぎわいました。そして高度成長期にピークを迎えるわけですが、同時にモータリゼーションの進行に加え鷲羽山スカイラインが開通すると観光客もバスに流れて乗客が減少したため1972年3月31日限りで茶屋町−児島間が廃止されました。その一方で児島−下津井間は道路事情が悪くバスへの代替が不可能なため鉄道が残りました。全線一閉塞化などの合理化により赤字が減少し、バス部門の黒字で内部補助が出来ました。1988年の瀬戸大橋開通の際児島駅近くにJR児島駅が出来たためこれを機に「下津井コーストライン」として観光鉄道への脱皮を図るべく児島駅の移転・駅舎の新築、琴海駅の交換設備の復活や3両編成の新車「メリーベル号」を投入しましたが、瀬戸大橋ブームはわずか半年で沈静化し、おまけに茶屋町−児島間などの幹線ルートのバスも客をJRに奪われて輸送人員が減少したため鉄道を維持することが出来なくなり、1990年12月31日限りで鉄道を廃止しました。会社自体は現在も下津井電鉄鰍ニして存続し、バス事業を始め住宅建設、高速道路のサービスエリアのレストランの経営、胡蝶蘭の栽培等を行っています。詳細は同社HPを参照してください。鉄道やバスの歴史も出ています。


 作者が初めて下津井電鉄を訪れたのは瀬戸大橋開通、宇高連絡船廃止を間近に控えた1988年1月16日で、前日の15日に宇高連絡船を往復乗船し、岡山へ戻ってレンタカーを借り、岡臨のところに書いた妹尾に住んでいる親戚の家に泊まった翌朝宇野駅に行き、前日に宇高連絡船で知り合って同行する約束になっていた男性を乗せて下津井駅に向かい、下津井電鉄を児島まで一往復し、宇野線彦崎まで先ほどの男性を送ってから岡山に戻りレンタカーを返却しました。今思うとせっかくレンタカーで行きながら駅舎や下津井駅に隣接する車庫の写真をほとんど撮っていませんでした。まさか廃止になるとは思っていなかったのと、当時は列車に乗ることに主眼を置いていたためです。余談ですが、この旅の直前の1988年1月4日交付分から、北海道、京都府、一部の県に残っていた自動車のナンバープレートの地名表示を府県名および北海道の陸運支局所在地の頭文字で表示していた所が登録のコンピューターの更新に伴いフルネームで表示することになり、岡山県もそれまでの「岡」から「岡山」になりました。ひょっとすると岡山ナンバーの新車のレンタカーに当たるかなと期待したのですが、残念ながら岡ナンバーの古いレンタカーでした。またこのときは岡山ナンバーの車は見かけませんでしたが、同年8月に瀬戸大橋を渡るのと瀬戸大橋博を見に岡山に来た際には見かけました。

 「鉄道ジャーナル」1990年2月号の特集「鉄道の現場を見る」の中で生き残りを模索する下津井電鉄の記事があり、その中にホームから現在車両が保存されている上屋の中を通るエンドレスの線路を敷き、SLを走らせている写真がありました。そうした努力もむなしく1年後には廃止されてしまい、後を追うかのように1991年6月30日限りで同和鉱業片上鉄道も廃止されました。

 2005年11月4日から6日まで全国の合唱団が集まってのイベントが広島で開催され、その際に可部線可部−三段峡間、同和鉱業片上鉄道、下津井電鉄、岡山臨港鉄道の廃線跡をたどり、片上鉄道吉ヶ原駅跡で片鉄保存会が行う動態保存車両の運転会に行く計画を立て、千葉から車で行きました。 2005年11月6日に片上鉄道の廃線後探訪および吉ヶ原での運転会を終えた後JR児島駅へ移動して車内で寝たのち夜明けとともに下津井へ向かいましたが道に迷って街中に入ったら恐ろしく狭く、3ナンバーで行ったら苦労するなと思いました。下津井駅手前から児島駅手前までサイクリングロード「風の道」になっており、




1988年1月16日乗車 2005年11月7日廃線跡に沿ってマイカーで走行

 
1988年1月

 

 


2005年11月 駅舎は取り壊されていましたが、ホームと車両と車両を保存してある上屋は健在でした。


 

 






東下津井

下津井起点2.0km
1914.3.15  下津井東として開駅
1956.3.26  改称

1988年1月







鷲羽山  

下津井起点2.5km
1931.7.10 開駅

1988年1月







 


琴海

下津井起点3.4km
1914.3.15  開駅

1988年1月







 


阿津

下津井起点4.7km
1949年 開駅

1988年1月








 


備前赤崎

下津井起点5.2km
1914.3.15 赤崎村として開駅
1935.1.10 改称    

1988年1月










児島

下津井起点6.3km
1913.11.11 茶屋町−味野町間開通に伴い味野町として開駅
1941.8.1   味野に改称
1956.3.26  児島に改称
1987.11.25 200メートル下津井寄りに移転

1988年1月

 






 
中国・四国 トップ北海道東北関東中部近畿九州