九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国


宮 之 城 線1(川内−宮之城)
宮之城線2(佐志−薩摩大口)




国鉄監修「交通公社の時刻表」1986年12月号より転載



1924.10.20 川内町−樋脇間開通
1926.5.8   樋脇−宮之城間開通
1934.7.8   宮之城−薩摩鶴田間開通
1935.6.9   薩摩鶴田−薩摩永野間開通
1937.12.12 薩摩永野−薩摩大口間開通で全通
1987.1.10  廃線

 宮之城線は、1911年に設立された川宮鉄道により1917年5月に川内町−樋脇間が着工されましたが、1920年11月に解散してしまったため工事中止となってしまいました。1910年に軽便鉄道法が制定され、それを受けて川宮鉄道が設立されたのだと思いますが、安易な計画により免許を受け、資金が続かず頓挫するケースが多かったようで、川宮鉄道もその1つではないかと思います。
 1923年2月に当時の鉄道省が事業を引き継ぎ、11月には川内町−薩摩大口間全線が着工され、1924年10月10日川内町−樋脇間が開通しました。当時は鹿児島本線は現在の肥薩線、日豊本線の隼人−鹿児島間で、八代−日奈久(日奈久温泉)が肥薩線(肥薩おれんじ鉄道)、鹿児島−米ノ津が川内線(川内−米ノ津は肥薩おれんじ鉄道)でしたが、宮之城線開通と同時に川内本線となりました。1927年10月17に湯浦−水俣間が開通し、2004年3月12日までの鹿児島本線が全通しました。
 その後は順調に開通し、1937年12月12日、薩摩永野−薩摩大口間が開通し、全通しました。同時に山野線久木野−薩摩布計間が開通し、水俣−久木野間の山野西線、栗野−薩摩布計間の山野東線を合わせ、山野線も全通しました。

 薩摩永野がスイッチバックになっているのは、最初は川内川沿いに薩摩大口まで通そうとしたところ、薩摩町を通ることになったため地形の関係と、針持との間の急勾配を克服するためだそうです。

 上の時刻表を見るとわかりますが、川内−薩摩永野間、針持−薩摩大口間の区間列車が設定されていることで、薩摩永野−針持間に人の流れのギャップがあります。すなわち、川内−薩摩永野間は川内につながる生活圏、針持−薩摩大口間は栗野・隼人につながる生活圏にはっきり二分されていました。薩摩大口から鹿児島に向かうには隼人周りのほうが距離が短かったです。 宮之城線沿線からでは川内にしても薩摩大口にしても非常に接続が悪く、とても仕事に使える状態ではなかったようで、1977年から1979年間での基準期間の輸送密度は843人/km・日だったため第2次廃止対象となり、1985年頃は500人/km・日を割っていたようです。結局、バス転換となり、国鉄分割民営化を目前にした1987年1月10日、南国交通・林田バスに転換されました。なお1968年の赤字83線にも名を連ねました。

 宮之城線では貨物列車の無煙化の際、DLの投入ではなく、気動車で貨車を牽引していました。気動車の連結器は小型密着自動連結器で機関車等に比べ強度が弱かったので当時の鹿児島車両管理所で連結器の強化改造を受けたそうです。貨物輸送は1980年で廃止されました。

 2005年8月7日、矢部線のところに書いた福岡県八女郡星野村での平和式典に参加した後、山野線と宮之城線の廃線跡探訪をした後、夜に旧樋脇駅近くに住む学生時代の友人を訪問する予定だったのですが、友人の都合で昼会うことになり、今回は宮之城線1本に絞りました。前夜星野村を出発し明け方に山野に着いたので薩摩布計まで行き、さらに大川ループを見ようと思ったら県道が熊本県側で道路が陥没して通行止めになっていました。ほとんど交流がないので直さなくても問題はないのかもしれませんが、早く直してほしいものです。
 薩摩大口から探訪し、佐志まで来たところで友人と会う約束の時間が迫って来たのでいったん中断し、樋脇へ向かいました。樋脇からなら川内へ行ったほうが合理的だと考え、川内から探訪を再開し、宮之城で終了しました。
 矢部線と異なり、駅跡が公園になっていたり、記念碑が置いてあったりと一応鉄道があったことが記録されているのはうれしかったですが、特にさつま町に言いたいのは、宮之城駅跡の交通公園をもう少しきちんと整備し、特に駅名標を修復してほしいと思います。
 探訪終了後、レンタカーを借りた福岡県久留米へ戻りレンタカーを返却した後九州新幹線と肥薩おれんじ鉄道へ乗りました。

1985.8.11乗車 2005.8.7廃線跡に沿ってレンタカーで走行


駅名 起点からのkm 開駅年月日


(川内) 0.0 1914.6.1 川内町
          1940.10.1川内に改称

2005年8月



九州新幹線開通に伴って建て替えられた川内駅


旧宮之城線は川内を出ると、鹿児島本線と上り方向にしばらく並行しますが、そこは九州新幹線の高架橋が立っています。鹿児島本線と分かれてしばらく川内川沿いに行くと、右手の廃線跡に信号機器のボックスが見え、少し先に短い鉄橋が残っています。






薩摩白浜 5.1 1936.3.20

2005年8月 後でわかったのですが、駅はもう少し左寄り(樋脇寄り)にあったそうです。




楠元 6.5 1924.10.20

2005年8月







楠元を過ぎてしばらく行くと、線路跡は高台を通り、鉄橋や築堤が見えます。




吉野山 10.3 1924.10.20

1985年8月





2005年8月 郵便局になっていました。






樋脇 13.4 1924.10.20

2005年8月 唯一現役時代の駅舎が残っており、鉄道公園になっていました。駅舎は鉄道記念館のはずですが、実際には倉庫として使われています。






上樋脇 15.6 1959.11.23

2005年8月 ホームと上屋と神樋脇駅開設記念碑が残っていました。ホームは民家の出入りに便利な様2ヶ所で欠き取られていますが、それでも完璧に近い形で残っています。なお路盤はこの先の川のところで切れています。






入来 18.7 1926.5.8

1985年8月 「国鉄自動車」というのがクラシックでいいですね。もちろん「国鉄バス(→JRバス)」のことです。





2005年8月






薩摩山崎 23.4 1926.5.8

1985年8月





2005年8月 この駅名標は宮之城駅跡にあります。それにしてもずいぶん荒れ果てていますね。薩摩山崎駅跡には記念碑と車輪のモニュメントと電柱が残っているそうですが暗くなったせいもあり発見出来ませんでした。右の25キロポスト付近は道路化されており、宮之城駅の先まで続いています。




船木 26.4 1936.6.5

1985年8月





2005年8月 この駅名標も宮之城駅跡にあります。国道267号に「下船木」というバス停があり、宮之城に向いて右側にドラッグストアがあり、さらにその裏が線路跡なので、その辺りに船木駅があったと思います。




宮之城 29.3 1926.5.8

985年8月







2005年8月 宮之城鉄道記念館の隣が交通公園になっていますが、全体的に荒れ果てておりかわいそうです。SL「C57 24」は頭の部分だけです。駅名標の残骸は右が宮之城駅、左が佐志駅と思います。






宮之城線2(佐志−薩摩大口)


九州トップ北海道東北関東中部近畿中国・四国