北海道 トップ東北関東中部近畿中国・四国九州民鉄


幌 内 線 1(岩見沢−三笠)
幌内線2(唐松−幾春別、三笠−幌内)



1882.11.13 官営幌内鉄道札幌−幌内間開業
1889.2     幌内太(後に三笠)−郁春別(後に幾春別)間開業
1889.12.11 北海道炭礦鉄道に譲渡
1906.10.1  国鉄買収
1909.10.12 現在までつながる「国有鉄道線路名称」が制定され、函館線の部幌内線となる。
1972.11.1  三笠−幌内客扱廃止
1987.7.13  全線廃止

 北海道最古の鉄道で、幌内炭鉱の石炭を手宮に運ぶために1880年11月28日の手宮ー札幌間に続き開通しました。1909年に国鉄に買収されるまでの動きは複雑で、石炭の需要が小樽や函館での船舶への燃料供給が主だったため非常に小さく幌内炭の販売は振るわず、幌内鉄道の収支も償えませんでした。1882年に開拓史が廃止されて工部省に移管され、1883年の北海道庁の成立に伴い道に移管されました。しかし経営は振るいませんでした。1888年4月、幌内鉄道は北友社に請け負わせ、北友社は幾春別炭鉱の開鉱を行うと同時に幌内太(後に三笠)−郁春別(後に幾春別)間を開業させました。
 その後北海道庁は炭鉱も鉄道も資金力のある民間に払い下げることとなり、それを受けて北海道炭礦鉄道が設立され、幌内鉄道や幌内、幾春別炭鉱の払い下げを受けると同時に空知・夕張両炭鉱の開発と同時にこれに伴う鉄道の建設に着手しました。その後は北海道炭礦鉄道が独占的地位を持ち、鉄道に関しても自社の石炭輸送を優先するやり方が帝国議会でも問題にされる程で、結局日露戦争後の鉄道国有化の流れの中で、1906年10月1日、鉄道国有法に基づき再度国有化されました。

 原野の開拓という目的があったため、本州がイギリスの指導を受けたのに対し、北海道ではアメリカの指導を受けて建設されました。そのためアメリカのシステムや制度が持ち込まれ、自動連結器が当初より使用され、また「フラグステーション」という乗車する場合はホームに旗を出しておく駅があり、出しておかないと降車客がいない限り通過されてしまうそうです。1980年頃、ビールか何かのコマーシャルで「フラッグストップ」という、アメリカの鉄道で駅でないところで列車に向かって旗を振ると止まって乗せてくれるというシーンがありましたが、今でもそんなことが出来るのでしょうか。また、作家の阿川弘之氏がカナダの「AGAWA」駅を訪ねた際にやはり駅に旗が置いてあり、通過されると困るので列車が近づいたら旗を振ったとのことです。

 面白いのが幌内太駅の構造で、幌内への線路が幌内太の先ではなく手前で分岐しています。しかも岩見沢から来ると、いったんバックして引上げ線に入り、再び前進で幌内へ向かう、平地にもかかわらず3段式スイッチバックになっていました。これは幌内が狭く機関区等を設置出来ず、麓の幌内太に設置したものの、地形や集落との位置関係等でこの位置にしか設置できなかったからとのことです。作者は最初、花輪線十和田南のように幌内太で機関車を反対に付け替えて逆向きに出て行ったのかと思っていましたが、Hideki EgamiさんのHP「I love Switch Back」の「全国のスイッチバックリスト(1):北海道編→三笠」を見て真相がわかりました。

 その後は1960年代までは石炭輸送でにぎわったものの、国のスクラップアンドビルド政策の中で幾春別にあった住友奔別鉱は1971年に閉山となり、北炭幌内炭鉱がビルド鉱として出炭を続けました。しかし旅客輸送量は激減し、合理化の一環として1972年11月1日、三笠−幌内の旅客営業を廃止しました。
 国鉄再建法による特定地方交通線選定の際には基準期間の平均旅客輸送密度が1,090名だったため本来なら第1次廃止対象に選定されるはずでしたが、1981年3月2日の関係閣僚協で、第1次廃止対象の除外条件の1つとして「その周辺の地域で産出される石炭の相当量を輸送するもの」が追加され、歌志内線とともに第2次廃止対象に回りました。
 石炭のトラック輸送への転換のからみかバス転換がJR化後になった関係で、一旦JR北海道に三笠−幌内間も含めて全線が継承されたため、同区間及び幌内駅は書類上は旅客営業を開始したことになっていました。6月19日に石炭輸送が終了し、7月11日限りで廃線となり、JR線、JR駅としてはわずか3ヶ月あまりの短命でした。なお、幌内はJR貨物の駅にもなっていました。

 廃止から2ヵ月後の9月6日に旧幌内駅に三笠鉄道村鉄道記念館がオープンしました。北海道ゆかりの車両を展示するほか、室蘭の鉄原から来たS−304を構内で運転し、もちろん乗車できます。S−304は1982年末まで現役でしたが、経営合理化のため日通に輸送業務を委託された際にDLに置き換えられ、もう1両のS−205は予備車として残りましたが、S−304は静態保存されましたが、三笠鉄道村開村にあたって復活しました。鉄原は現在は新日鉄グループになっており、S−304も新日鉄の所有で三笠市が借りており、文字等を消さないで現状のまま使用するのが条件だそうです。一時期機関車トーマスのお面をかぶせられたことがありましたが、現在は外されているそうです。
 その後旧三笠駅にクロフォード公園がオープンし、こちらにもDD51、80系気動車等の車両が保存されています。80系気動車は7両編成で保存されていますが、作者が訪れる少し前に両端のキハ82の貫通扉が盗まれ、ベニヤ板で塞いでありました。ヘッドマーク欲しさの犯行だと思うのですがひどいことをするものです。後に犯人が捕まり、貫通扉は元に戻されたそうです。

 三笠から幌内までは今も線路が残っており、老人保健施設「ほろない」入り口の踏切の三笠寄りに幌内住吉駅のホーム跡が残っています。

乗車 1985.2.27、1987.2.19全線往復 1999.8.19マイカーで廃線跡に沿って走行



岩見沢駅構内に残る幌内線の線路/構内を外れると線路は撤去されています。




国道をまたぐ跨線橋から見た線路跡(岩見沢ー栄町)/三笠−幌内間は完全に線路が残っていて、トロッコ競技に使われているそうです。




貫通扉を奪われたキハ82。現在は犯人から取り戻した貫通扉がついているそうです。


駅名 起点からのkm 開駅年月日


(岩見沢)  0.0


栄町    4.0 1980.10.1仮乗降場
          1987.3.31より正駅

おそらく国鉄で一番新しい仮乗降場だったのではないでしょうか。JR直前にせっかく正式な駅に昇格できたのに、わずか3ヶ月あまりで廃駅になってしまいました。

地元の人の話では、右の写真が栄町駅跡だそうです。




萱野    6.3 1913.9.11





1999年8月 駅舎がそのまま残っていました。2001年夏、駅舎は改修工事を行っていました(鉄道ジャーナル社「旅と鉄道」2001年夏増刊夏休みスペシャル(No.132)参照)。





表側/ホーム側


三笠   10.9 1882.11.13幌内太(ほろないぶと)
         1944.4.1改称

右の写真の駅名標の下に見えるのは恐竜の模型です。幾春別に市立博物館があり、化石を中心に展示しています。





1999年8月 クロフォード公園になっています。




開通当時の駅舎を復元したものですが、看板も右書き・旧字体で「驛太内幌」にしたほうが雰囲気が出ていいと思います。




本屋の裏側で、行き止まりのホームがありなんとなく終着駅に見えますが、本線はこちらから見て左側を通っており、幾春別寄りから折り返すような感じでホームに入ります/保存されているDD51+貨車


幌内線2(唐松−幾春別、三笠−幌内)


先頭に戻る