北海道トップ東北関東中部近畿中国・四国九州民鉄


羽 幌 線1(留萠ー羽幌)
羽 幌 線 2(築別−幌延)


1927.10.25 留萌線留萌−大椴間開通
1928.10.10 留萌線大椴−鬼鹿間開通
1931.8.15  留萌線鬼鹿−古丹別間開通
1931.10.10 留萌線を羽幌線に改称
1932.9.1   羽幌線古丹別−羽幌間開通
1935.6.30  天塩線幌延−天塩間開通
1936.10.23 天塩線天塩−遠別間開通
1941.12.9  羽幌線羽幌−築別間開通
1957.11.6  羽幌線築別−初山別間開通
1958.10.18 初山別−遠別間開通で全通。全線を羽幌線に改称。
1987.3.30  全線廃止

 羽幌線は開拓集落の交通路及び木材輸送を目的に軽便鉄道として計画され、1927年10月25日、留萠線の支線として留萠−大椴間が開通し、部分開通を繰り返しながら1932年9月1日に羽幌まで開通しました。それに先立つ1931年10月10日、札沼北線石狩沼田−中徳富(1953年11月3日浦臼−雨竜間復活の際新十津川に改称、1972年6月19日この区間廃止)開通に伴い留萠線を留萠本線に改称し、同時に留萠−古丹別を羽幌線として分離しました。
 羽幌以北については1922年改正鉄道敷設法別表「144 天塩国羽幌ヨリ天塩ヲ経テ下沙流別付近ニ至ル鉄道」が規定されたのを受けて幌延側より着工し、1935年6月30日に天塩、1936年10月23日に遠別まで開通しました。
 留萠炭田の羽幌鉱と築別鉱の開発に伴い、羽幌炭鑛鉄道の開通と同時に羽幌−築別間を延長しました。羽幌炭鑛鉄道は名羽線(1922年鉄道敷設法別表「143 天塩国名寄ヨリ石狩国雨龍ヲ経テ天塩国羽幌ニ至ル鉄道」)の一部でした。
 ここから先は戦争のため中断していましたが、1952年頃の鉄道建設ブームの中で工事が再開され、1957年10月23日に築別−初山別間が、そして1958年初山別−遠別間が開通し、ここに羽幌線が実に30年をかけて全通しました。

 羽幌線が全通したことにより、66.8kmと筑豊本線(66.1km)に次いで短い本線の留萠本線が141.1kmの長い支線を抱えることになり、しかも急行「はぼろ」は羽幌線に入ってしまうので、「支線に頭の上がらない本線」と言われていました。1910年11月23日に留萠線として深川−留萠間が開通した当初から国有鉄道線路名称には留萠線の部留萠線として規定され、当初は函館線の部に所属していたわけではありませんでした。おそらく当時は支線を持つ線は本線とし、留萌線にしても開業当初から羽幌線の建設が予定されていたのかもしれません。なお札沼北線は1935年10月3日の札沼線全通の際に函館線の部に移動しています。

 留萠駅も面白い構造で、羽幌線が分岐していたのは1.3km深川寄りの東留萠信号場で、そのまままっすぐ行くと留萠駅に寄らずそのまま羽幌線に直行してしまう構造で、羽幌線列車は留萠駅からいったん東留萠信号場まで逆行してから羽幌線に入っていました。もちろん留萠−東留萠信号場は二重戸籍でした。1941年12月18日の天塩鉄道(留萠−達布間、後に手塩炭鑛鉄道、1967年7月31日廃止)開通に先立ち12月9日に羽幌線を留萠寄りに移しましたが、分岐点まで逆行してから羽幌線にはいるのは同じでした。さすがにこれでは不便なので、1967年11月15日に留萠駅を改築した際に羽幌線側にもホームを作り、長い跨線橋で本屋と結ぶ総武本線の千葉駅のような配線になりました。この点については、Hideki EgamiさんのHP「I love Switch Back」の「全国のスイッチバックリスト(1):北海道編→留萠」を参照してください。

 留萌炭田からの石炭輸送でにぎわった羽幌線も他の産炭地同様国のスクラップアンドビルド政策により1960年代後半より閉山が相次ぎ、羽幌炭鑛鉄道も1970年に廃止となりました。閉山と同時に人口が流出して過疎化が進み、1985年当時で沿線人口はわずか8万人という状態でした。

 羽幌線は全線にわたって沿岸バスが並行して走っており、通学定期を除きバスのほうが運賃が安く、サービスレベルも高いのでほとんどはバス利用で、留萠口の通勤もほとんどがそうでした。羽幌線沿線は広域的には札幌圏に属しているので札幌への交通需要も多く、1984年春までは国鉄の急行「はぼろ」の独壇場でしたが、札幌−留萌間の特急バスが登場し、羽幌線沿線からは沿岸バスで留萌へ出てこの特急バスに乗り継ぐほうが安くて早く、更に同年末には札幌−豊富間に沿岸バスの特急「はぼろ号」が登場して対札幌の乗客を奪われ、事実上羽幌線は息の根を止められました。
 1981年に北都観光・宗谷バスが札幌−稚内に貸切バスによる会員制直行バスの運転を開始しました。北海道運輸局も当初は新しいバス営業の在り方と考えていましたが、沿岸バスからすれば自社のエリアを通過されるわけですし、羽幌線沿線の住民は利用したくても利用できず、要求にこたえる形でモグリで客扱いするケースが出るに及んで道運輸局が免許秩序が乱れると調整に乗り出し、貸し切りバスによる会員制バスに対して改めて乗合許可申請を出すよう指導することとなり、はぼろ号は当初より貸切バスの乗合許可を受けて営業を開始しました。

 特定地方交通線選定の際、1977年から1979年の平均輸送密度が789人だったので第2次廃止対象に選定され、天北線の148.9km、名寄本線の143.0kmに次ぐ141.1kmの営業キロがありましたが、ほぼ全線にわたって沿岸バスが並行して走っているため天北線、名寄本線、池北線、標津線のいわゆる長大4線のように承認保留となりませんでした。1986年11月1日のダイヤ改正で急行「はぼろ」が廃止され、地元の反対運動も盛り上がらず、国鉄分割民営化を2日後に控えた1987年3月30日に廃止されました。

 初山別村にはしょさんべつ天文台があり、ここでは「My Stars system」といってここの望遠鏡から見える17等級以上の星約1億個のうちの好みの1個に好きな名前をつけて登録することが出来ます。もちろん公式なものではありませんが、夢があっていいなと思います。興味のある方は初山別村のHPを参照してください。「My Stars system」については白泉社「JETS COMICS」の「名物!たびてつ友の会(山口よしのぶ著)」第1巻の154ページに出ています。この漫画は「ヤングアニマル」誌に1995年から2000年にかけて連載されていました。

 留萌は、かつて国鉄・JRは「留萠(線名・駅名とも)」、市名は「留萌」と長年にわたって統一されていませんでしたが、1997年4月1日に市名に合わせてJRは「留萌」に改称しました。旭川も国鉄・JRは「あさひがわ」、市名は「あさひかわ」でしたが、1988年3月13日に市名にあわせて「あさひかわ」に改称しました。

 1999年8月23日、全国の合唱団が集まってのイベントに参加するため北海道に行った際、留萌から幌延まで廃線跡に沿って北上しましたが、鉄道記念館として保存されているところは1ヶ所も無く、バスターミナルになっているところは建物が建て替えられており、小平が公園、鬼鹿が団地、天塩有明が製材所になっていたり、ひどいところだと築別のように駅舎が取り壊されてホームが残っているもののごみ置き場?になっているところもありました。これほどまで忘れ去られてしまったのかと胸が痛みました。それでも鉄道の遺構は線路跡、トンネルや橋梁等かなり残っており、廃線跡をたどるのは比較的容易です。

乗車 1985.2.16 1987.2.17 1999.8.23廃線跡に沿ってマイカーで走行


駅名   起点からのkm 開駅年月日


(留萌)     0.0


三泊      2.7 1927.10.25




臼谷      6.7 1947.12.25仮乗降場
            1950.1.15正駅




小平      8.7 1927.10.25




(仮)花岡   11.9 1956.8.20




大椴     17.3 1927.10.25




(仮)富岡   21.6 1956.5.13


鬼鹿     26.1 1928.10.10




(仮)千松   29.3 1963.6.1




力昼     33.0 1931.8.15




(仮)番屋の沢 35.1 1955.3.26




古丹別    41.7 1931.8.15




上平     46.6 1932.9.1




苫前     50.5 1932.9.1




(仮)興津   54.6 1956.9.1


羽幌     58.3 1932.9.1




(仮)は仮乗降場


羽 幌 線 2(築別−幌延)


北海道 トップ東北関東中部近畿中国・四国九州民鉄