北海道 トップ 東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州

美 幸 線


国鉄監修「交通公社の時刻表」1984年12月号より転載

1964.10.5 全線開通
1985.9.17 全線廃止

 線名とは裏腹に、「日本一の赤字線」と言われ、第1次廃止対象に挙げられ、北見枝幸への延長も工事中止となり、結局21年間の生涯を閉じた「薄幸の」鉄道でした。

 地元では美深と北見枝幸を鉄道で結ぶ悲願が早くからあり、1929年7月には鉄道建設促進期成会が仁宇布で開催されました。予定線となったのは1953年7月で、鉄道敷設法が改正され、別表「144ノ2 天塩国美深ヨリ北見国枝幸ニ至ル鉄道」が追加されました。1958年に着工され、東海道新幹線開業の4日後、東京オリンピックを5日後に控えた1964年10月5日、とりあえず美深−仁宇布を開業しました。建設にあたり、美深町は町営軌道を廃止(1935.4.25営業開始、1963.3.4廃止)して路盤を提供しています。
 その後北見枝幸に向けて延長工事が進められ、それに関連して歌登町でも町営軌道を1971年に廃止しています。
 工事は順調に進み、1979年には1982年の開業が発表されましたが、1980年、国鉄再建の嵐の中で建設予算凍結により工事が中止され、開業区間の美深−仁宇布間も第1次廃止対象に選定されました。輸送密度が1977年から1979年の3年間で82人と、唯一の2桁でした。ちなみに1982年の輸送密度は49人と、やはり最低でした。なお、1968年の赤字83線にも開業わずか4年で名を連ねていました。部分開通でしかも仁宇布−北見枝幸間の延長工事を行っているのに不思議な気もしますが、赤字83線の取組と日本鉄道建設公団の新線建設は無関係に行われたためです。

 地元ではやはり未成線(雄武−北見枝幸間)を抱える興浜北線、興浜南線と共に未成線の開通及び第三セクター化を主張しましたが、1984年12月7日、北海道知事の諮問機関である「北海道運輸交通審議会」が上記3線及び相生線美幌−津別の第三セクター化について、沿線人口が少なく、マイカーの普及、道路網の整備により鉄道輸送の需要は少なく採算の見通しが困難であり、関係自治体の大きな財政負担を招くとしてバス転換を促す答申をしました。これを受けて横路道知事は特定地方交通線についてすべてバス転換する方針を打ち出しました。また、岩内線がバス転換の方針を打ち出したことも影響しました。
 1985年9月16日を最後に廃線となり、翌17日から名士バスに転換されました。

 美幸線といえば「日本一の赤字線」で有名でしたが、ここまで有名になったのは長谷部秀見町長の奮闘が大きかったです。仁宇布からさらに奥の秘境「松山湿原」を売り出したり、仁宇布駅付近で赤字線まつりやコンサート(川中美幸も呼んだそうです)を開くかと思えば、札幌はおろか東京の銀座まで出かけていって美幸線の切符を売るなど八方破れの活躍ぶりでした。
 もっとも、本当に赤字ワースト1だったのは1974、1975、1977年だけで、その後は添田線がワースト1でした。添田線も'85年4月1日に廃止になっていますが。

 現在は、旧仁宇布駅から約5kmの線路を復活し、1998年7月より「トロッコ王国美深の会」がトロッコを運行しています。運行期間はおおむねゴールデンウィークから10月末の土・日・祝と8月の毎日で、トロッコに乗車するには旧仁宇布駅近くの「コイブ」という店で「トロッコ王国パスポート(1日券大人500円、子供250円)」を購入します。トロッコと呼ばれていますが、正式には「軌道自転車」と言い、主に保線区で線路の巡回に使用していました。なお、エンジンで走行する場合、運転者は普通自動車の運転免許(大型・大型二種でもOK)が必要です。問い合わせは美深町観光協会(01656−2−1014)までお願いします。

乗車 1985.2.15全線往復 1999.8.25マイカーで廃線跡に沿って走行、トロッコ王国を訪問

 
少しでも美幸線をアピールしようと、このような看板が設置されていました/何も無い雪原の中をひたすら走っていました(辺渓−仁宇布間)

1999年8月
 
ペダルをこいでも走れますが、とても重いので、ほとんどはこのホンダのエンジンで走行します。

 
林の中をまっすぐに走っています/待避所が残っています

 
軌道自転車を方向転換するには、ペダルの少し前にあるパンタグラフ式ジャッキを接地させて車体を浮き上がらせて人力で車体を回転させますが、女性1人ではちょっときついかもしれません/ポイントを2つ通ったサハネ581の前が終点です

美深から約16kmはほとんど線路跡が残っていませんが、ところどころに線路敷や鉄橋等の遺構が残っています
 

 
鉄橋上の路盤に草や木が生えています

駅名 起点からのkm 全駅1964.10.5開駅

(美深) 0.0


東美深 4.3


辺渓 6.3


仁宇布 21.2
 

1999年8月 トロッコ王国になっています。
 
トロッコ王国の案内が小さいのが気になります…/駅舎はすでに撤去されていますが、王国のログハウスが建っています

 
サハネ581。1987年のJR化の際、将来の改造種車として7両がJR北海道に継承されたものの、結局一度も走ることなく1990年に廃車されましたが、そのうちの1両だと思います。ここまではトレーラーで運んできたのでしょう。現在は白いシートで覆われているようです/サハネ581に立てかけられている駅名標。ちょっとこれはひどいと思います。ちゃんとホームに建植する必要があります。盗難に遭わないとも限りませんし


トロッコ王国の路線案内/北見枝幸方を望む。ついに美幸線はこの車止めを越えることは出来ませんでした


美幸線記念碑/地元の無念の思いが伝わって来ます

北海道 トップ 東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州